ベルリンのレジェンド達 | ピクテ投信投資顧問株式会社

Patronage Blog 2017

パトロネージュブログ

ベルリンのレジェンド達

活動報告 | 2016年11月15日

ベルリンに戻ってきました!

ベルリンも紅葉で色とりどりに優しく街を染めています。

さて、帰ってきて早々、訪れたあるご自宅。

前回共演した、チェロの大御所 Wolfgang Beottcher(ウォルフガング・ベッチャー)さんから一月前、急に電話がかかってきて、

「11月、時間ないかな?ちょっと遊びで一緒に弾こうよ!」

どういうこっちゃと思いながら、日取りを決めて、先日Beottcher(ベッチャー)氏と待ち合わせをし、車でその場所に向かいました。

ご自宅の主は、元ベルリンフィルヴァイオリン奏者の Heinz Ortleb(ハインツ・オルトレープ)さん。

後から現れたのは、同じく元ベルリンフィルのお仲間たち。ヴィオラ奏者 Wilfried Strehle(ヴィルフリート・シュトレーレ) さん、そしてクラリネット奏者で現役でも大活躍の日本でも有名な Karl Leister(カール・ライスター) さん。

ん?なんだか私はすごい状況に置かれているぞ!と思いつつも、それぞれ楽器を取り出し定位置について調弦を始めました。

演奏したのは、ブラームスのクラリネットクインテット。コンサートの予定もないのに、丁寧にリハーサルが進みます。

この曲を知り尽くしている Leister(ライスター)氏はずっと熱が入りっぱなし。私はそのアイディアに耳を傾けるだけでしたが、一つ一つが体に染みてきます。

あっという間に2時間ほどが過ぎ、今日のギャラだよ!なんて言われ、向かったキッチンには、どこで買ってきたのかお寿司が!

日本をよく知る Beottcher(ベッチャー)氏とLesiter(ライスター)氏は、日本での出来事を沢山話してくれました。

そして何より止まらなかったのが、彼らが活躍したベルリンフィル時代のカラヤンとオイストラフの話。

何年のどんな公演、またはどんなリハーサルで、どんなプログラムで、何があって・・・・と、一つ一つ記憶しているみたいで、

溢れ出る思いで話を、楽しそうに、時に大笑いしながらエンドレスで話していました。

なんて貴重なんでしょうか。この場にいれることに、私はただただ感謝するのでした。

彼らと同じ空気を吸えることも、私にとってとても良い道しるべとなってくれます。

私もそんな彼らの「仲間」として認められているだろうか、そう思うと身震いがします。

ますます頑張らなくては。

幸せな時間でした。

Welcome to Japan!
Welcome to Japan!
滝千春だより | 2017年12月01日
一ヶ月あった日本の滞在、こんなに忙しなくあっという間に 過ぎてしまったことはありませんでした・・・
【追加公演決定】12月7日滝千春ヴァイオリン・コンサート、ペア40組ご招待
【追加公演決定】12月7日滝千春ヴァイオリン・コンサート、ペア40組ご招待
パトロネージュ通信 | 2017年10月31日
ご好評につき、滝千春さんのヴァイオリン・コンサート追加公演が決定しました!・・・
お気に入りの場所
お気に入りの場所
滝千春だより | 2017年10月10日
今日はこの場所を紹介させて頂きます。 弓の毛変えに年に数回・・・
【ペア40組ご招待】12月7日滝千春ヴァイオリン・コンサート開催!申込受付開始!
【ペア40組ご招待】12月7日滝千春ヴァイオリン・コンサート開催!申込受付開始!
パトロネージュ通信 | 2017年09月14日
ピクテ・パトロネージュ・プロジェクトのアーティスト、ヴァイオリニストの滝千春さんのスペシャル・コンサートを開催します!・・・
Peter Ronnefeld
Peter Ronnefeld
活動報告 | 2017年09月13日
ベルリンに帰ってきて早々に、 とても貴重な舞台に立たせて頂きました・・・
私にできることとは。
私にできることとは。
滝千春だより | 2017年08月07日
日本に帰ってきてから、様々な活動をしています!京都にて、・・・

ブログ一覧

ページの先頭へ戻る