サクソフォン・リサイタル 「Hope」 音とアートの共鳴 鑑賞日記 | ピクテ投信投資顧問株式会社

サクソフォン・リサイタル 「Hope」 音とアートの共鳴 鑑賞日記

こんにちは、ピクテ・パトロネージュ・プロジェクト応援隊のKazです。 2020年12月23日に代官山ヒルサイド・フォーラムにて開催された上野耕平サクソフォン・リサイタル「Hope」ー音とアートの共鳴ーの様子をご報告致します♪


今回はピクテが創設した国際写真賞「Prix Pictet(プリピクテ)」の東京巡回展会場での演奏でした。 お客様にはリサイタル開始時刻より少し早めに来場いただき、写真展をご鑑賞頂いてからリサイタルを聴いていただきました。

満員のお客様の拍手とともに上野さん登場。

一曲目はバッハの「無伴奏チェロ組曲第1番・第2番より」。

バリトンサックスの音色は優雅で重みがあり、 早くも生の演奏に引き込まれてしまいました。

二曲目は棚田文則作曲の「ミステリアスモーニングⅢ」 です。

一曲目とは打って変わってコンテンポラリーな楽曲で、 会場の空気が一気に変わりました。 タイトルの通り、ミステリアスな「音」で演奏スタート。 パトカーのサイレン、虫が宙を飛ぶ羽音を連想させるような「音」、 尺八やフルートのような「音」と、1つのサックスから出しているとは思えないほど種類の違った「音」が続きます。 「音」とともに場面が変わるので、妄想がちの私は、頭の中にいろんな国やシーンが浮かんできて、 上野さんの表現力と技術、サックスの音の幅広さにあらためて感銘を受けた一曲でした。


最後はバッハの「G線上のアリア」。

今回私の中では1番印象に残った曲です。 普段クラシックをあまり聴かない私でも、今まで何度も聴いたことのある有名な曲です。 最初の一音が、静寂から徐々にフェイドインします。 耳にとても柔らかく、つぼみがふわっと花開くようにメロディに溶け込みます。 重厚なサックスの音色が実にマッチし、感動しました! また聴きたいと思う一曲です。


今回上野さんは、曲の合間にあえてトークや曲紹介をされませんでした。

なぜなら写真展での開催だったため、作品を鑑賞したお客様がその気持ちや感覚のまま 曲を聴くことができるようにという、上野さんの配慮があったからだそうです。 鉄道好きとしても有名な上野さんのおもしろトークが聞けなかったのはちょっと残念ではありましたが、 来場者にアートを深く感じて欲しいというお考えは、 アーティストだからこその発想だったのだと感じました。


曲の演奏後、花束贈呈と上野さんからのご挨拶があり、リサイタルは終了となりました。 ご来場されたお客様にはそれぞれ様々な想いや感動を抱いていただけたのではないでしょうか。

名建築として名高い代官山ヒルサイド・テラスで本物の音楽と写真に触れる、良い機会になったと感じでいただけたら幸いです。 当日は本当にたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

これからもピクテ・パトロネージュ・プロジェクトをよろしくお願い致します!




【パトロネージュ・アーティストご紹介ページ】
https://www.pictet.co.jp/company/patronage


動画:シューマン「3つのロマンス」~上野耕平サクソフォン・リサイタルより~
パトロネージュ | 2020.04.30
新たな可能性を追求し続ける若手サクソフォニスト、上野耕平さんがこの名曲に挑戦。じっくりとお楽しみください。
続きを読む
「上野耕平の「音」~共演者の声~」 by 高橋優介(ピアノ)
パトロネージュ | 2020.04.30
ピクテ主催コンサートでご共演頂いた若手ピアニスト、高橋優介さんにインタビュー。音楽のプロから見た上野耕平さんとは!?
続きを読む
「上野耕平の「音」~共演者の声~」 by 中山惇史(ピアノ・作曲・編曲)
パトロネージュ | 2020.04.30
上野耕平さんと共演を重ねるピアニストであり、作曲・編曲家の中山惇史さんにインタビュー。音楽のプロから見た上野耕平さんとは!?
続きを読む
「上野耕平の「音」~共演者の声~」 by 林英哲(和太鼓)
パトロネージュ | 2020.03.17
和太鼓の世界的な第一人者である林英哲さんにインタビュー。音楽のプロから見た上野耕平さんとは!?
続きを読む
ページの先頭へ戻る