人生100年時代を支える
先端技術

ピクテ・バイオ医薬品ファンド

(毎月決算型)為替ヘッジなしコース/(1年決算型)為替ヘッジなしコース/(1年決算型)円コース
追加型投信/内外/株式

ファンドの特色

1.主に世界のバイオ医薬品関連企業の株式に投資します
2.ヘッジなし毎月
ヘッジなし1年
原則として為替ヘッジを行いません
ヘッジあり1年原則として為替ヘッジを行い、為替リスクの低減を図ります
3.ヘッジなし毎月毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います
  • 毎月13日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
  • 分配対象額が少額の場合には、分配を行わないこともあります。
ヘッジなし1年
ヘッジあり1年
年1回決算を行います
  • 毎年4月13日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
  • 分配対象額が少額の場合には、分配を行わないこともあります。
  • マザーファンドに投資するファミリーファンド方式で運用を行います。
  • マザーファンドの運用にあたっては、株式の運用指図に関する権限を「ピクテ・アセット・マネジメント・リミテッド」および「ピクテ・アセット・マネジメント・エス・エイ」へ委託します。
  • 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
  • 当ページでは、各ファンドの略称として、それぞれ以下のように言うことがあります。
    ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース:ヘッジなし毎月
    ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)為替ヘッジなしコース:ヘッジなし1年
    ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)円コース:ヘッジあり1年

バイオ医薬品関連企業に注目

当ファンドは、ヘルスケア・バイオ医薬品関連産業の中でも、高い成長が期待される世界のバイオ医薬品関連企業の株式に投資することにより、信託財産の積極的な成長を目指すことを基本とします。
ヘルスケア・バイオ医薬品関連産業
バイオ医薬品関連企業
遺伝子分析や遺伝子工学を基に、バイオテクノロジーを用いて医薬品の研究、開発、製造、販売等を行う企業
医薬品企業
大衆薬や医療機関向けの医薬品の研究、開発、製造、販売等を行う企業
ヘルスケア機器
サービス、その他の企業
医療機器やヘルスケア製品のメーカーや卸業者、病院等

バイオ医薬品の魅力

健康を維持する力は歳を重ねるごとに低下し、さまざまな病気を引き起こす要因となります。
バイオ医薬品は、病気の原因に直接働きかけて治療を行えるなど、一般の医薬品にはない強みを持っています。
バイオ医薬品と一般医薬品の違い
バイオ医薬品の強み・特徴
これからの医療の可能性を探る

近い将来に到来すると言われる「人生100年時代」を支えるのが、医療技術の進歩。
スペシャル・レポートでは、バイオテクノロジーを活用した最先端医療技術の可能性を紹介します。

為替ヘッジありと為替ヘッジなし

「ヘッジあり1年」においては、実質組入外貨建資産について原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります。為替ヘッジで為替の影響を抑えることで、「ヘッジなし毎月/ヘッジなし1年」よりも値動きが小さくなる傾向があります。
「ヘッジなし毎月/ヘッジなし1年」においては、実質組入外貨建資産について原則として為替ヘッジを行いません。そのため、実質的な組入通貨が円に対し安くなれば基準価額の下落要因となり、高くなれば基準価額の上昇要因となります。

  • 円金利がヘッジ対象通貨の金利より低い場合、当該通貨と円との金利差相当分のヘッジコストがかかります。

企業業績や株価水準に注目して銘柄選定

銘柄選定においては、企業の収益性や収益の安定性、株価水準などを考慮した分析を行います。
分析に基づき評価した銘柄を厳選することにより、バイオ医薬品関連市場の長期的な成長を享受するポートフォリオを目指します。

成長を取り込む運用プロセス
  • マザーファンドにおける投資プロセス。
  • 投資プロセスは2020年3月末のものです。今後変更される場合があります。

多様な視点を取り入れた運用体制

当ファンドの運用チームは、アナリストからの様々な情報などをもとに、定量・定性の両面から魅力的な銘柄の絞り込み、ポートフォリオの構築を行っています。

運用チーム
ロゴン・グエン
リード・インベストメント・マネージャー
レダ・ユルク・メシク
インベストメント・マネージャー
他にアナリストやデータ・サイエンティストなど
グローバル・セクター・アナリスト
ESGチーム
リスク・マネジメント
  • 運⽤体制は2020年3⽉末現在のものです。今後変更される場合があります。