愛称:バーゲンハンター

ピクテ・ゴールデン・
リスクプレミアム・ファンド
追加型投信/内外/資産複合
歴史的な低金利水準が続き、債券からの安定的な利金収入の獲得が困難な環境で、
株式と債券を組み合わせる伝統的な分散投資がその有効性を失いつつあります。
そんな今だからこそ提案したい長期投資の視点「リスクプレミアム」を、
皆さまのこれからの選択肢のひとつに。
国債はもはや安全資産とは
言えないのか
主要国の国債利回りは過去最低水準を継続

日本やドイツなど主要国の金利が低水準で推移しており、債券からの利金収入を期待することが困難になりました。
更なる金利低下余地が限られてくる中、将来の利回り上昇(=債券価格下落)の可能性が従来より高まっていると考えられ、国債を保有するリスクさえ意識する必要があるといえます。

主要国の国債利回り水準

月次、期間:1984年12月末~2020年4月末

米国:FTSE米国国債指数、日本:FTSE日本国債指数、ドイツ:FTSEドイツ国債指数

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

拡大を続ける中央銀行のバランスシート

主要先進国の中央銀行は、景気や物価を下支えするために、国債を大量に買い入れることで市場に資金を供給しています。その結果、各国の債務残高は膨張し、一部の国ではその水準がGDP(国内総生産)を上回るなど、将来のデフォルト(債務不履行)リスクさえも頭をよぎります。

日本、米国、欧州の中央銀行の総資産の推移

円換算、週次、期間:99年1月1日~2020年4月24日

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

注:自国通貨建て国債では支払い能力不足を原因とするデフォルトはありません。

不透明な市場環境を乗り切る、
リスクプレミアムに注目する
ファンド
各資産のリスクプレミアムに注目し、
様々な市場局面に柔軟に対応

バーゲンハンターは、株式、金、債券、リートを主要投資対象とし、それぞれのリスクプレミアムに注目することで、様々な市場局面に柔軟に対応するファンドです。
各市場局面において、投資魅力度の高い(=リスクプレミアムが期待できる)資産の投資比率が高まるように運用を行います。

注:リート(不動産投信)とは、投資家などから集めた資金で不動産などを保有し、そこから生じる賃料収入や売却益などを投資家に分配する商品です。

リスクプレミアムとは?

株式や債券などのリスク資産に投資する場合、投資先の資産価格が変動するリスクが発生します。リスクプレミアムとは、リスク資産の期待リターンにおいて価格変動リスクの対価とみなされる部分のことを意味し、無リスクの資産に対して期待するリスク資産のリターンの上乗せ分を指します。

【ご参考】

リスクプレミアムの推定には様々な方法がありますが、例えば金利水準を参照する投資戦略を用いた過去のシミュレーションでは良好なパフォーマンスを示します。

ゴールデン・リスクプレミアム戦略の一例
(シミュレーション)

円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

資産配分比率の推移

円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

  • ゴールデン・リスクプレミアム戦略(シミュレーション)およびそれぞれの資産として使用した指数については、こちらをご参照ください。

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記は、過去の指数を用いて算出した1986年7月末から2020年4月末までのシミュレーション結果であり、ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。シミュレーションにおける資産配分比率は、2020年5月1日時点での当ファンドにおける資産配分の一例を示したものであり、必ずしも上記の通りとなることを保証するものではありません。シミュレーションについての詳細はこちらをご参照ください。

シミュレーションでは最大下落率が抑制され、下落後の回復期間も短縮化されたものとなります。

最大下落率の比較(シミュレーション)

円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

下落後の回復期間(シミュレーション)

円ベース、月次、期間:1986年7月末~2020年4月末

  • ゴールデン・リスクプレミアム戦略(シミュレーション)およびそれぞれの資産として使用した指数については、こちらをご参照ください。

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

上記は、過去の指数を用いて算出した1986年7月末から2020年4月末までのシミュレーション結果であり、ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。シミュレーションにおける資産配分比率は、2020年5月1日時点での当ファンドにおける資産配分の一例を示したものであり、必ずしも上記の通りとなることを保証するものではありません。シミュレーションについての詳細はこちらをご参照ください。

リスクプレミアム獲得の
新たな選択肢、金
足元の環境でリスクプレミアムが
期待できる金

足元の低金利環境では、従来と比べて利金収入を期待することが困難になった債券には投資せず、成長力やディフェンシブ性が魅力の株式と金で構成されるポートフォリオとなっています。

モデル・ポートフォリオの資産配分比率

2020年4月末現在

  • 上記は2020年4月末現在のモデル・ポートフォリオであり、実際のファンドの資産配分比率とは異なります。
  • 各資産の特徴は、2020年4月15日現在の指定投資信託証券の商品性を簡略的に示したものであり、当戦略の試算に用いられた資産とは異なります。なお、指定投資信託証券は今後変更されることがあります。
低金利環境で輝きを増す、金

金利水準が高い環境では、相対的な安定性と利金収入が魅力の債券に対し、金利を生まない金はあまり注目をされてきませんでした。
しかし、現在のような低金利環境下では、債券に対する金の相対的な魅力の高まりを背景に、金価格は上昇基調で推移しています。

米国の10年国債利回りと金価格の推移

月次、期間:1971年1月~2020年4月

  • 金:ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシングLtd-LBMA PMフィキシング価格/USD。

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

めまぐるしく市場環境が変化し、国債がもはや安全資産と言えない時代に、
どのような資産運用が求められるのか。
リスクプレミアムに注目し、柔軟な視点で効率的な運用を目指すファンド
「ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド愛称:バーゲンハンター」を、
ぜひ皆さまの長期の資産形成の選択肢に。

販売会社

当資料で使用した市場指数の著作権等について

MSCI指数はMSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。また、MSCIは同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。