「投資信託で長期的に安定した資産形成をしたい」
と考えている人のためのセミナー

ファンドアナリストである篠田さんの著書「本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」で本当に優れた商品として選ばれた「iTrust日本株式」。

「iTrust日本株式」のファンドマネージャー鈴木と著者である篠田さんが「楽天証券新春講演会2018」で対談セミナーを行います。

本当に優れた投資信託とは何か?そして実際どのような運用を行い、どこに投資しているのか?

投資信託で長期的に安定した資産形成をしたいと考えている人にぜひ参加いただきたいセミナーです。

スピーカー

篠田 尚子
楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト

慶應義塾大学卒。国内銀行にて投資信託、個人年金保険、仕組み預金等の個人向け資産運用相談業務を経験した後、2006年ロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)入社。傘下の投信評価機関リッパーにて投資信託のデータ分析業務を担当し、2008年よりアナリストとして投信の評価と市場調査を担当。2013年11月、楽天証券経済研究所入所。
日本のみならず、韓国をはじめとするアジア各国の投信市場分析も行っているほか、海外に向けた日本の市場動向の発信にも積極的に取り組んでいる。
「本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」著者。

鈴木 毅
ピクテ投信投資顧問株式会社 日本株運用部長

立教大学経済学部卒。1987年岡三証券入社。以来現在まで一貫して日本株業務に従事。岡三証券では、ニューヨーク現地法人へ出向(1989年-1993年)し日本株のリサーチ・セールス業務に従事。グローバルな大手機関投資家の日本株運用に接し、海外からみた日本株投資の視点を学ぶ。帰国後は、国際営業部にて機関投資家営業を、また岡三経済研究所(後に組織変更で岡三証券企業調査部)においてアナリストとして日本株の調査・分析業務に従事。2001年ピクテ投信投資顧問にシニア・インベストメント・アナリストとして入社、2003年からインベストメント・マネージャー兼アナリスト。CFA協会認定証券アナリスト(CFA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。

開催概要

日時 2018. 1. 20(土)10:00-16:00(受付9:30〜)
会場 パシフィコ横浜
住所 横浜市西区みなとみらい1-1-1
アクセス みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分
JR線・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩12分
お申込み期間 2017. 10. 27 〜 2018. 1. 4

「iTrust 日本株式」とは

優れた技術やブランド力などで
業界トップシェアを誇る日本企業に投資

ファンドは実質的に株式等に投資しますので、基準価額は株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)により変動します。これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 基準価額は実質的な信託報酬等控除後。また、換金時の費用・税金等は考慮しておりません。
上記は過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

iTrust日本株式紹介動画

iTrust日本株式で投資する業界トップシェア企業を紹介した動画です。

おことわり

本案内に記載の勉強会では、勉強会でご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。
各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては当該商品等の契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

ピクテの
メールサービス

全国で開催されるピクテのセミナー情報、グローバルなマーケットレポート、
機関投資家向けレポートなど、豊富な情報をお届けします!

ご登録はこちら

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続・手数料等については投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

●当ウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したウェブサイトであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等をお渡ししますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当ウェブサイトに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当ウェブサイトは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当ウェブサイト中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る