実践的基礎知識 月次レポート編( 7 )<月次レポートの読み方 債券編②> | ピクテ投信投資顧問株式会社

実践的基礎知識 月次レポート編( 7 )<月次レポートの読み方 債券編②>

月次レポートの読み方 債券編②

今回も前回に引続き、債券を主要な投資対象とする投資信託の月次レポートの主なチェックポイントをご紹介いたします。今回は、月次レポートで開示されている項目のうち運用会社が任意に開示している項目についてご説明します。

(任意開示の)ポートフォリオの状況をチェック

今回も債券を主要な投資対象とする投資信託の月次レポートの主なチェックポイントをご紹介いたします。今回は運用会社が自主的に開示すべきと考える任意開示項目についてご説明します。

まず、基準価額変動の内訳です。分配金を支払うタイプで為替ヘッジなしで、海外の債券に投資するファンドの例を見ていきましょう(図表1)。海外の債券に投資するファンドの基準価額の変動要因は主に4つあります。まず資産そのものの動きである債券要因、そして為替要因があります。次に分配金要因と信託報酬等のコストであるその他要因があります。分配金要因と信託報酬等のコストであるその他要因は、必ず基準価額のマイナス要因となります。

例えば、18年4月を見ると、1ヵ月基準価額の変動額が33円のマイナスとなっていますが、債券要因-19円、為替要因+19円と打ち消しあっており、分配金と信託報酬等のその他要因でマイナスとなっていることがわかります。また、ファンドの騰落率を3ヵ月で見ると-2.69%となっていますが、基準価額変動の2月、3月、4月の債券と為替部分を見ると、為替要因がマイナスになっていることが分かります。

(任意開示の)その他の参考情報をチェック

例として取り上げている海外の債券を主要な投資対象とする投資信託は、2018年4月末現在、11通貨に分散して各国のソブリン債に投資しています。図表1の「基準価額変動の内訳」でマーケット要因には、債券要因、為替要因があることがわかりました。ここでは、対円でのそれぞれの通貨の騰落率及び現地通貨ベースの各ソブリン債券の騰落率を示すことで、基準価額変動要因をより深堀りして確認できるようにしています(図表2)。

このように、運用会社は必須開示項目に加えて任意開示項目を掲載することで、受益者に対して、運用状況をきめ細かくお伝えするよう工夫しています。

月次レポートを見れば、ファンドに関する最新の情報を入手することができますので、運用状況を確認したいときはまず月次レポートをご覧下さい。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る