インデックス運用とアクティブ運用のちがい(2) | ピクテ投信投資顧問株式会社

インデックス運用とアクティブ運用のちがい(2)

  • インデックス運用で、指数と全く同じポートフォリオ構成にしても指数の動きとは一致しない
  • 指数には価格指数とトータル・リターン指数がある
  • 指数と同じ構成のポートフォリオを組むと、トータル・リターン指数からコスト分を差し引いたリターンとなる

指数と全く同じポートフォリオ構成にしても指数の動きとは一致しない

前回、インデックス運用はパッシブ運用の代表例で、基本的な考え⽅としては特定の指数の構成と同じポートフォリオを組み、その指数に連動する投資成果を目指すもの、とご紹介しました。

ところが実際の運用では、指数と全く同じ構成のポートフォリオを組んでも、その投資成果は指数とは一致しません。なぜならば、ファンドの運営にはコストがかかるからです。投資信託のコストについては別の機会に詳しくご説明しますが、大きく分けて2つあり、1つはファンドの運営に携わる委託会社(運用会社)・受託会社・販売会社に⽀払われる「信託報酬」や販売会社に⽀払われる「販売⼿数料」で、「費用」と「報酬」の性格を持つものです。もう1つは、純粋に「費用」という性格のもので、株式などの取引を⾏う⼿数料、債券取引や外国為替取引を⾏うコスト*、送⾦費用、税⾦、投資証券の保管コスト、ファンドの監査費用、などです。指数にはこれらのコストが含まれないため、指数と全く同じ構成のポートフォリオにしても、これら2つのコスト分だけ指数に負けていくことになります。

*債券取引や外国為替取引のコストは取引価格に含まれるため「損益」と認識されてしまいますが「費用」の性格を持つものと⾔えます。

価格指数とトータル・リターン指数

一⽅、指数には「価格指数」と「トータル・リターン指数」の2種類があります。「価格指数」は純粋に価格の推移だけを表すもので、⽇経平均株価やTOPIX、ダウ工業株30種平均、S&P500などがこれに該当します。

「トータル・リターン指数」は価格の動きだけでなく、株式の配当収⼊や債券のクーポン収⼊などのインカムゲインを含めたトータル・リターンを指数化したものです。⽇経平均株価やTOPIXにもインカムゲインを含めたトータル・リターン指数(配当込み指数)があります。

⽇経平均株価と全く同じ構成のポートフォリオを組むと、ファンドのリターンは理論上、「⽇経平均トータルリターン・インデックス」という配当込み指数から、前述の2つのコストを差し引いたリターンとなります。

一⽅、価格指数である⽇経平均株価に対しては、配当収益とその再投資効果分だけプラスとなり、コスト分だけマイナスとなります。配当のプラス分が、コストのマイナス分より大きければ、ファンドのリターンは価格指数である⽇経平均株価を上回る投資成果となり、マイナス分がプラス分より大きければ⽇経平均株価を下回る投資成果となります。

 

iInfoページのご紹介

ピクテのiInfoには投資家のみなさまの、
「プロ並みのファンドや市場環境の情報がほしい」
「投資に役⽴つ知識を⾃分のペースで学びたい」
…というご要望を満たす様々な情報をご用意しております。

具体的には、iTrustシリーズのバリュエーションレポートやピクテの短期・⻑期の投資環境⾒通しを紹介した戦略レポート「Barometer」 「Secular Outlook」、投資の基本をやさしく学べる「BASE VIDEO & TEXT」、コラム「投信新世代のための基礎知識」など、様々なコンテンツが用意されています。

iInfo詳細はこちら

 

iInfo by Pictet Facebookページのご紹介

iInfoのFacebookページができました!
ここでは、私たちが⽇々取り組んでいることや、
みなさまのお役に⽴てそうなことなど、
様々な情報をお届けしてまいります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る