注目のESG投資やSDGの達成に取り組むエコディスカバリー | ピクテ投信投資顧問株式会社

注目のESG投資やSDGの達成に取り組むエコディスカバリー

※投資リスク、手続・手数料等は、目論見書をご覧ください。

ポイント

ESG投資やSDGsなどが注目を集めています。世界の環境関連企業の株式に投資するエコディスカバリーはESG投資を行っており、SDGsの中でも9つのテーマに貢献しています。

 

ピクテ・グループでの取り組み

2015年に年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(UNPRI)に署名したこともあり、環境(E)、社会(S)およびガバナンス(G)の要素を取り入れたESG投資が大きな注目を集めています。具体的には、ESGの観点から、投資先の企業などの将来性の分析を行い、その評価を投資判断に取り入れることや、企業とエンゲージメント(対話)を行い、中長期的な視点で持続的な成長を促し、企業価値の向上にも努めることを指します。

ピクテ・グループではサスティナビリティ(持続可能性)を大切にしています。投資家の利益を第一に考え、投資からのリターンの改善やリスクの軽減を目指して、投資プロセスに具体的なESG基準を組入れています。また、リスク管理とレポーティングにも同様にESGを組み込んでいます。その一貫として、全ての伝統的資産(株式や債券)投資のプロセスにおいてESGを考慮しています。その中でも、テーマ株式運用については、環境問題または社会問題の両方において、持続可能な解決策に貢献するテーマへの投資を行っています。このような投資は投資家からの注目を集めており、ESG投資に注力した運用資産残高は年々増加しています。

図表1:ピクテのESG投資の運用資産残高(2019年末時点、単位:10億米ドル)

 

注 ベスト・イン・クラス:競合他社比較でESG要素の優れた企業への投資 

出所:ピクテ・アセット・マネジメント

ESG投資のエコディスカバリー

環境(E)、社会(S)やガバナンス(G)に注目したテーマ株式運用のひとつである「ピクテ・エコディスカバリー・アロケーションファンド(毎月決算型)為替ヘッジあり 愛称:エコディスカバリー」はESG投資に取り組んでおり、エネルギー効率、低炭素エネルギーや再生可能エネルギー分野において魅力的と判断した企業に投資しています。これらの分野は、低/ゼロ炭素社会を実現し、大気汚染問題に取り組む上で非常に大切だと考えています。

また、ピクテでは社会の長期的な変化の予想であるメガトレンドに沿った投資を行っています。大量のエネルギーを消費する現代社会において、エコディスカバリーにはサスティナビリティ、医療問題、グローバル化/経済成長や技術革新といったトレンドがあると考えています。環境や人間の健康にやさしい持続可能な社会に必要な技術、製品やサービスを提供する企業へ投資することで、このような社会の実現を後押ししていると考えています。

図表2:ピクテが考えるメガトレンド

 

出所:ピクテ・アセット・マネジメント

 また、エコディスカバリーの投資先企業をより細かい6つのセグメントに分類することもできます。1つ目は、イノベーションが加速し、環境規制が一層厳しくなる中、エネルギーや資源の効率的な使用を実現する「効率的な製造」です。次に、多くの国や地域が建物の「ネット・ゼロ・エネルギー」(省エネ性能や太陽光などでエネルギーの生産を通して、消費エネルギーの収支のプラマイをゼロにする)目標の達成をする上でエネルギー効率化の需要の拡大に対応する「グリーン・ビルディング」があります。更に、温室効果ガス排出や燃費に対する規制が厳格になり、自動運転や電気自動車の普及に必要な「スマートモビリティ」、自動車を始め製造業のアプリケーションや省エネ化のために必要な半導体の需要拡大に応える「半導体関連技術」や低コスト化が進み、経済的な観点から普及するであろう「再生可能エネルギー」等のセグメントがあります。6つのセグメントとして、再生可能エネルギーや電気自動車の出現によりエネルギーを取り巻く環境の劇的な変化に対応するスマート・グリッドやコネクティビティ(相互接続)等に使用されるであろう「インフラ」にも投資機会があると考えています。

SDGsの実現にも取り組む

最後に、エコディスカバリーは国連の17の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に対しても取り組んでいます。対応する目標は、投資先企業の製品やサービスに基づきSDGの評価を実施しています。具体的には、ビッグデータや独自のAIを使用し、各企業のSDGへの貢献度を定量/定性的に分析しています。

図表3:エコディスカバリーが貢献する9つのSDGs

 

出所:ピクテ・アセット・マネジメント

※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。

データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。記載の銘柄は、関連企業の一例を紹介するものです。また、特定の銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、その価格動向を示唆するものでもありません。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等をお渡ししますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る