「金」の主要通貨に対する相対価値は長期にわたり上昇 | ピクテ投信投資顧問株式会社

「金」の主要通貨に対する相対価値は長期にわたり上昇 ゴールド

※投資リスク、手続・手数料等は、目論見書をご覧ください。

ポイント

「金」の主要通貨に対する相対価値は、超長期的には戦乱や経済危機、インフレなどを背景に上昇してきました。さらに2000年以降でも、ITバブル崩壊やリーマン・ショック、新型コロナウイルスの世界的大流行などを受けた経済危機への対応のため各国中央銀行が金融緩和を実施する中、大きく上昇しています。

「金」に対する主要通貨の相対価値は超長期で低下

1900年以降、米ドルや日本円、英ポンドなど各国の中央銀行が発行する通貨は、超長期で金に対する相対価値が低下してきました(図表1参照)。

1900年時点の金と米ドル、英ポンド、日本円の価値を100として、金の価値が2019年末まで不変とした場合、金利を全く考慮しない主要通貨の価値は100から米ドルは1.47、英ポンドは0.39、日本円は0.27まで低下しています。

このように金に対する通貨の相対的価値が低下した背景には、戦乱や経済危機が、その後インフレを引き起こしたことがあります。

 また1970年代はじめまでにベトナム戦争による財政赤字の拡大、インフレ、輸入超過などによる国際収支の悪化などを背景に米国から海外に大量の米ドルが流出していました。こうした中、1971年8月にニクソン米大統領(当時)が金と米ドルの交換停止を発表(ニクソンショック)したことをきっかけに、米ドルの価値が急落し、それに伴い他の主要通貨の金に対する相対価値も下落することとなりました。

 

主要中央銀行が金融緩和を実施する中、金の相対価値は上昇

また2000年以降でも主要通貨の金に対する相対価値の低下傾向が続いています。

2000年時点の金と米ドル、英ポンド、日本円の価値を100として、金の価値が2019年末まで不変とした場合、米ドル、英ポンド、日本円ともに金利を全く考慮しない相対価値が100から20近辺まで低下し、金の相対価値が上昇しています(図表2参照)。

2000年以降の世界経済は、ITバブル崩壊やリーマンショック、欧州債務問題など経済危機が発生する中で、世界各国の中央銀行は積極的な金融緩和を実施し、通貨の供給量は大幅に増加しました。

また2020年には、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)により世界経済の先行きに対する懸念が高まる中、各国中央銀行はリーマンショック時を上回るペースで金融緩和を実施しており(図表3参照)、今後、更に金の相対価値が上昇する可能性があります。

長期的な資産保全という観点から「金」の保有は有効であると考えます。

 

※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等をお渡ししますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る