「安全・安心」ニーズの高まりの恩恵を享受するセキュリティ | ピクテ投信投資顧問株式会社

「安全・安心」ニーズの高まりの恩恵を享受するセキュリティ

※投資リスク、手続・手数料等は、目論見書をご覧ください。

ポイント

米中貿易問題や世界経済の先行き不透明感など様々な不安定要因があった2019年ですが、ピクテ・セキュリティ・マ ザーファンドのパフォーマンスは、先進国株式を上回る上昇となりました。今後も、世界的なキャッシュレス化の流れなど から安全・安心な電子決済に対するニーズや、IoTの進展などを背景にサイバー・セキュリティの重要性の高まりなどの長 期トレンドが、世界のセキュリティ関連企業の成長ドライバーとなり、株価の追い風となると期待されます。

引き続き相対的に高い成長期待を背景に 2019年も相対的に好パフォーマンス

2019年年間のピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジ あり)/(為替ヘッジなし)(以下、当ファンド)のマザーファ ンドであるピクテ・セキュリティ・マザーファンドのパフォーマ ンスは、先進国株式を上回りました(図表1参照)。

この背景には、セキュリティ関連分野の中長期的な成長 期待があると考えられます。都市化の進展、グローバル 化の進展、技術革新などを受けて、我々の生活を取り巻 く環境は複雑化し、大きく変化する中、我々が心身共に 豊かで快適な生活を送るため、セキュリティ関連企業が 提供する「安全・安心」に関わる製品やサービスへの需 要はますます高まると考えられるためです。

実際、世界のセキュリティ関連企業の利益見通しは、先 進国企業の平均を上回る成長が見込まれています(図 表2参照)。バリュエーション(投資価値評価)水準は、相 対的にやや高めではありますが、これは高い成長期待が 背景にあると考えられます(図表3参照)。

当面は米国をはじめ世界の主要国における金融緩和が 株式市場の追い風になることが期待されており、中長期 的にも高い成長が期待できる世界のセキュリティ関連企 業の株式には注目が続くと考えられます。

注目トレンド①:進むキャッシュレス化は、 安全・安心な電子決済ニーズの高まりに

キャッシュレス化の流れは、政策的な取り組みに加えて、 消費者や店舗側の利便性・効率化の向上などを背景に 世界的にさらに加速すると考えられます(図表4参照)。

日本でもキャッシュレス化の話題は身近になってきてい ます。とはいえ、日本のキャッシュレス決済比率は主要 国の中でも低い水準にあり、政府は大阪・関西万博が開 催される2025年までにキャッシュレス決済比率を40%と することを目標に推進を強めています。また、2019年10月からの消費税引き上げに際して、消費税率引上げ後一定期間に限った、キャッシュレス決済ポイント還元等を行う仕組みを導入したこともキャッシュレス決済化の後押しの一環です。

キャッシュレス化の流れは、より安全・安心な電子決済 ニーズの高まりにもつながります。こうしたことから、電子 決済関連は今後も中長期的に安定した成長が期待でき るセキュリティの一分野であると注目しています。

不目トレンド②:ネットワーク社会を支える サイバー・セキュリティの重要性ル

自動車や家電をはじめ様々なモノがインターネットに接続 するIoT(モノのインターネット)化が進展しています。さらに、 次世代通信規格5Gサービスが日本でも本格開始する予 定ですが、この5Gは通信速度の「高速化」に加えて、「超 低遅延」、「多数同時接続」が可能な点が特徴であり、 IoT化のさらなる拡大を後押しすると考えられています。

多くのモノがインターネットにつながることで、サイバー攻 撃に直面するリスクも高まります。ネットワークに接続され た自動車や家電が悪意をもった第三者に遠隔操作され たり、あるいは、個人情報を盗み取られたりといったリスク です。また、前述のようにキャッシュレス化が進んだ社会 とは、ネットワーク上でお金のやり取りがよりいっそう拡大 することでもあり、電子決済ネットワークが故障やサイバー 攻撃・犯罪の被害を受けた場合には、私たちの生活や経 済活動に大きなマイナスの影響となりかねません。

2020年1月21日より開催されている「ダボス会議」に合 わせて世界経済フォーラムが公表した、世界における今 後10年間で大きな損害をもたらす恐れのある大規模な 事象「グローバル・リスク」の発生可能性と影響規模につ いての報告では、最近注目の環境・気候変動問題などに 続いて、サイバー・セキュリティに関する事象の発生可能 性およびマイナスの影響度に対する警戒が示されていま す(図表5参照)。

技術の進歩や脅威の存在を背景に、サイバー・セキュリ ティは今後も引き続き、セキュリティ関連の中でも相対的 に高い成長が見込まれる分野と考えられます

(※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内 容が変更される場合があります。)


当資料をご利用にあたっての注意事項等

当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等をお渡ししますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る