米小売統計: 2月は低調だったが、個人消費の見通しに変化なし | ピクテ投信投資顧問株式会社

米小売統計: 2月は低調だったが、個人消費の見通しに変化なし 先進国 米国 北米

2016/03/16先進国

ポイント

米国の2016年2月の小売売上高統計は総じて期待外れの内容となりましたが、労働市場の改善などが見込まれることから、2016年の個人消費は1-3月期、通年ともに底堅く推移すると見ています。

小売売上高、コア小売売上高ともに低調

米国の2月の名目小売売上高は、前月比-0.1%と市場予想の同-0.2%を僅かに上回りましたが、1月改定値は、速報値の同+0.2%から同-0.4%に大きく下方修正されました(図表1参照)。

ガソリン価格の急落を背景に、ガソリンスタンド売上が前月比-4.4%と不振を極めたことが響きました。自動車売上も同-0.2%と低調でしたが、既に発表されていた2月の自動車販売統計から想定された通りの数値となりました。一方、建設資材(及び園芸関連)売上は、同+1.6%と好調でした。

名目小売売上高から、最も変動の大きい項目を除いたコア小売売上高(GDPの個人消費支出の算出に使われる数値)も予想以上に低調でした。2016年2月のコア小売売上高は、前月比+0.0%と、市場予想(同+0.2%)に届きませんでした。また、1月改定値は速報値の同+0.6%から同+0.2%に下方修正されました(図表2参照)。(ただし、2015年12月改定値は速報値の同 -0.3%から同-0.2%に僅かながら上方修正されました。)したがって、1-2月のコア小売売上高は、2015年10-12月期比+1.1%(年率)に留まり、伸び悩みの目立った10-12月期の前期比+1.6%(年率)を更に下回りました。

米小売売上高、今後の見通し

年初以降の小売売上高は予想以上に低調ですが、小売売上高統計は名目ベースで測定されるため単月の数値は振れが大きいのが特徴です。1月改定値がそうだったように、大幅な修正も珍しくないことには留意が必要です。また、コア小売売上高は個人消費の25%を占めるに過ぎないため、コア小売売上高だけを見て個人消費の伸びを占うのは適切といえません。

2016年2月の小売売上高統計は失望を誘う内容に終わりましたが、1-3月期の個人消費が堅調さを維持するとの見方は変わりません。2015年10-12月期には暖冬などの季節要因を背景に落ち込んでいた光熱費が増加に転じていることに加え、ガソリン価格の低迷が引き続き個人消費にプラスの効果を及ぼすと考えるからです。

1月の米個人消費支出は2015年10-12月期比+3.6%(年率)と堅調です。1月小売売上高の下方修正を受けて、個人消費支出も下方修正される可能性は残りますが、現段階では、1-3月期の個人消費支出の予想に変更はありません。

米個人消費は、2016年を通じて良好な推移を予想

米国の家計の消費についても、年内を通じて良好に推移するとの見方は変わりません。雇用の伸びは若干の鈍化が予想され、また、ガソリン安による実質所得の押し上げ効果は2015年ほどには期待できませんが、雇用の伸びは今後も続き、賃金の伸びも次第に勢いを増していくものと見ているからです。原油安からは、2015年ほどではないにしても、ある程度の恩恵があるものと期待されます。また、2015年中に発生した実質所得押上げ分の全てが消費に回っていなかったことも勘案する必要があると考えます。貯蓄率は過去の平均と比べて高位に留まっていますが、今後数ヵ月のうちに低下し始めることもあり得ると考えます。したがって、2016年の個人消費は、2015年の平均伸び率は下回るとしても、相対的に良好であると見ており、米国の経済成長率についても相対的に堅調な推移が予想されます。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る