ユーロ圏銀行融資: 3月の伸びは鈍化したが四半期ベースでは堅調 | ピクテ投信投資顧問株式会社

ユーロ圏銀行融資: 3月の伸びは鈍化したが四半期ベースでは堅調 先進国 欧州/ユーロ圏

2016/04/28先進国

ポイント

2016年3月のユーロ圏非金融企業向け銀行融資は前月比で大きく減少したものの、民間セクター向け融資は四半期ベースで堅調さを維持しました。域内の銀行セクターが、マイナス金利が収益を圧迫する環境にありながら善戦していることがうかがえます。今後は、6月導入の新しい長期性資金供給オペ(TLTRO II)の効果も注目されます。

2016年3月のユーロ圏銀行融資:民間セクター向けの伸びは鈍化

2016年3月の非金融企業向けユーロ圏銀行融資(売却あるいは証券化された融資を除いた金額)の伸びは10億ユーロに留まり、1月の240億ユーロ、2月の190億ユーロの伸びを大きく下回りました。一方、3月の家計向け融資は90億ユーロの伸びと引き続き堅調でした。

欧州中央銀行(ECB)発表の4月の銀行貸出調査(BLS)等、信用情勢を示す直近の指標は、2016年上期を通じた信用の伸びの継続と堅調な域内需要を示唆しています(2016年4月21日発行のピクテ・マーケット・フラッシュ「ユーロ圏銀行貸出調査:信用サイクルは拡大傾向が継続」をご参照ください)。

2016年3月のユーロ圏M3(広義のマネーサプライ指標)の伸び率は前年同月比+5.0%と2月の同+4.9%とほぼ変わらず、概ね安定推移しました。また、3月のM1 (市中に流通する現金や翌日物預金等を含む狭義のマネーサプライ指標)の伸び率も前年同月比+10.1%と前月と同水準でした。

2016年3月の民間セクター向け融資(売却あるいは証券化された融資を除いた金額)の伸び率は前年同月比+0.9%と、2月と同水準でした。内訳では、家計向け融資が同+1.6%と2月の同+1.5%を上回りました。一方、 非金融企業向け銀行融資は同+1.1% と、2011年11月以来の水準を回復しました(図表1参照)。

民間セクター向け融資は、3月単月では伸び悩んだものの、過去2ヵ月ともに好調だったことから、四半期ベースでは極めて堅調です。前述の通り、3月の非金融企業向け銀行融資の伸びは10億ユーロに留まりましたが、3ヵ月移動平均は、1-3月期に過去最高水準を更新しています(図表2参照)。信用市場においても株式市場においても厳しい状況のなか、域内各行が善戦していると見られ、先行きが期待されます。

(月ごとの変動が大きい)短期融資が減少した一方で、融資期間が5年を超える非金融企業向け融資が着実なペースで拡大していることも注目されます。前述の通り、3月の家計向け融資は90億ユーロと足元数ヵ月の水準を上回っています。

国別動向では、非金融企業向け銀行融資が激減したスペインが低調だった一方で、イタリアは強弱交錯でした。両国の足元の政治情勢や銀行セクター改革の影響を見極めるまでは、今後数ヵ月の信用フローが注視されます。

ECBは、両国の状況を注視しつつも、マイナス金利や量的金融緩和の弊害が懸念される環境下、4月のBLS等の足元の各種調査結果が両国の信用拡大基調を示していることに安堵していると思われます。

6月導入の新しい長期性資金供給オペ(TLTRO II)の効果を現段階で正確に測るのは困難です。TLTRO IIを通じた借入に際して民間銀行が「支払う」金利、正確には、マイナスの貸出金利という形で「受け取る」金利についての詳細が不明だからです。銀行側は、有利な条件での借入基準を満たすまでに2年以上を要するものと思われます。また、周縁国の大多数の銀行は、民間向け貸出しを増やすか、債務圧縮のペースを落とさない限り、最低金利(現行、-0.4%の中銀預金金利)での借入の恩恵を受けられそうにありません。3月のユーロ圏銀行融資統計から示唆されるのは、イタリアとスペインの銀行が最低金利でECBの融資を受けるにはこれまで以上の努力が必要だということです(図表3参照)。

ドラギECB総裁の言葉を借りれば、「ECBの金融政策は成果をあげつつある。もう少し時間が必要なだけだ」といえそうです。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る