米国小売売上高: コア売上高は6月単月、4-6月期ともに堅調 | ピクテ投信投資顧問株式会社

米国小売売上高: コア売上高は6月単月、4-6月期ともに堅調 先進国 北米 米国

2016/07/19先進国

ポイント

2016年6月の米国小売売上高は総じて堅調でした。コア小売売上高は過去2ヵ月の速報値がいずれも上方修正され、改善基調が顕著となりました。4-6月期の個人消費は、年率+4.0%を上回る底堅い推移が見込まれます。

6月の小売売上高は総じて堅調

米国の2016年6月の名目小売売上高は、前月比+0.6%と市場予想の同+0.1%を大きく上回りました(図表1参照)。ガソリン価格の上昇を背景とした燃料(ガソリンスタンド)売上と、過去3ヵ月連続の落ち込みの反動で急増した建設資材(及び園芸関連)売上が大きく貢献しました。また、6月の自動車販売統計が低調だったにもかかわらず、自動車・関連部品売上はプラス圏に留まりました。なお、4月ならびに5月の名目小売売上高は、併せて0.3%の下方修正となりました。

名目小売売上高から、最も変動の大きい項目を除いたコア小売売上高(GDPの個人消費の算出に使われる数値)も予想以上に力強い数字となりました。2016年6月のコア小売売上高は、前月比+0.5%と市場予想(同+0.3%)を上回りました。また、4月改定値は、速報値の同+1.0%から同+1.1%に、5月改定値は同+0.4%から同+0.5%にいずれも上方修正されました。その結果、4-6月期のコア小売売上高は、前期比、年率+7.4%となり、1-3月期の同+2.8%、2015年10-12月期の同+1.3%を大きく上回りました。

4-6月期の個人消費は底堅い推移を予想

6月の自動車販売統計と小売売上高統計は、4月以降の家計の消費の伸びに減速感がないことを示唆するものとなりましたが、その他の消費関連指標も、総じて堅調です。したがって、4-6月期の個人消費は年率+4.0%を上回る公算が高いと思われます。

下期については、上期の水準は下回っても、堅調な基調を維持することが見込まれます。雇用の伸びは若干、鈍化するとしても堅調さを維持し、賃金の伸びも次第に勢いを増していくことが予想されるからです。

原油価格が家計の消費に及ぼす影響については、足元の原油価格の反発を広い観点から分析することが必要だと考えます。季節要因調整後のガソリン価格は、(7月は若干の下落が見込まれるものの)2月から6月にかけて16.6%上昇していますが、6月の水準は2015年10-12月期の平均価格を6.3%下回る水準に留まっています。また、エネルギー価格の下落が家計の消費にプラスの影響をもたらすまでには、時間のずれが生じることには留意が必要です。これまでに生じた原油安の恩恵(実質所得押上げ分)の多くが消費に回っていなかったことは、貯蓄率が高位に留まっていることから確認されますが、貯蓄率は今後数ヵ月のうちに低下し始めることもあり得ます。

2016年7月は、月初以降これまでに発表された経済指標は概ね堅調です。ニューヨーク連銀発表の6月の製造業景況指数は前月から大幅に反発し、米小規模事業楽観指数(NFIB)も底堅く推移しています。

4-6月期のGDP(国内総生産)成長率については、従来予想を維持しており、通年ベースでも2016年、2017年ともに良好な推移を見ています。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る