ユーロ圏消費者物価:総合指数は小幅の上昇、コア指数は小幅の低下 | ピクテ投信投資顧問株式会社

ユーロ圏消費者物価:総合指数は小幅の上昇、コア指数は小幅の低下 欧州/ユーロ圏 先進国

2016/11/01先進国

ポイント

2016年10月のユーロ圏消費者物価指数は、概ね、市場予想通りでした。欧州中央銀行(ECB)が、12月の政策理事会でインフレ見通しを大きく変える公算は低いと思われますが、域内の物価基調は、短期的には上昇の、中期的には下落の可能性があると見ています。

総合指数は上昇、コア指数は低下

欧州委員会(EC)統計局(ユーロスタット)が発表した2016年10月のユーロ圏消費者物価指数(総合インフレ率、欧州連合(EU)統一基準インフレ率、HICP)の速報値は、前年同月比0.5%と9月の同0.4%を上回った一方で、(エネルギー、食品、アルコール飲料・タバコを除く)HICPコア・インフレ率は同0.8%と前月からほぼ横ばいとなりました(図表1参照)。コアHICPを小数点下2桁まで表示すると前月を下回りますが、これは10月のHICPサービス価格指数が同1.07%と9月の同1.15%を下回ったことに起因します。

ユーロ圏消費者物価は、今後数ヵ月、エネルギー価格の回復を受けたベース効果が効いて上昇の勢いを増すものと予想されます。原油価格とユーロに対する市場予想をもとに試算すると、2017年3月末のHICPは、前年同月比で1.5%に迫る可能性もありそうです。一方、コアHICPが2017年中に1%を上回る公算は低いと思われることから、ピクテでは、従来通り、HICPが2016年、2017年ともに安定推移するものと見ています。また、今後の物価基調については、短期的には上昇の、中期的には下落の可能性を見ています。

国別のHICPは、イタリアが前年同月比マイナス0.1%と予想外の低下となりました。また、ドイツは同0.7%(予想に一致、前月から上昇)、フランスは同0.5%(予想を若干下回り、9月と変わらず)、スペインが同0.5%(予想を上回り、9月から上昇)となりました。また、国別のコアHICPは引き続き総じて低調ですが、足元では主に周縁国の物価の伸び悩みが響いています。

12月のECB政策理事会見通し

欧州中央銀行(ECB)が12月の政策理事会で、中期的な物価動向に対する評価を大きく変える公算は低いと思われます。足元のHICPが、4-6月期以降のECBスタッフ予想に極めて近い水準で推移していることに加え、12月の会合で発表される新規長期予想(2019年予想)が1.8%前後と、ECBのインフレ目標に近い数値となることを、複数の当局者が示唆しているからです。

もっとも、表面下では低調なコア・インフレと賃金動向が懸念されています。ECBは、2017年にはサービス価格が上昇し財貨の低迷を十分に相殺すると見ているようですが、スタッフ予想は楽観的過ぎると思われます。

購買担当者景気指数(PMI)等、直近の経済指標が改善しつつあるとはいえ、12月の政策理事会では、コア・インフレの低迷が主要議題になると予想されます。月間の資産買入額を800億ユーロに維持する一方で、資産買入期間の6ヵ月延長や資産買入プログラムの円滑な実行を担保するための技術面での調整が発表されるものと見ています。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る