米中貿易戦争の行方と米長期金利に左右される日本株式 | ピクテ投信投資顧問株式会社

米中貿易戦争の行方と米長期金利に左右される日本株式 糸島孝俊 グローバル

ポイント

10月1日・2日以降の日本株式について、守り(売り)の投資スタンスを継続してきた。急落途中の前回レポートや、急落後の11月1日ラジオで、「短期押し目買い。11月中旬までに23000円前後で戻り売り」と申し上げた。タイミングは想定どおりだが、下げ幅は深く、戻りも今のところ鈍い。今後の日本株式は、米中貿易戦争の行方と米長期金利に左右されるだろう。

 

10月1日・2日以降は、売りスタンス継続

 

 

米中貿易戦争の行方と米長期金利に注目

 足元激化している「米中貿易戦争」は、貿易より覇権争いの可能性が高く、米中とも譲れない争いのため、中長期の視点が必要になるだろう。図表2は、米中貿易戦争のスケジュール。短期的な注目点として、東アジア首脳会議(11/15)とAPEC首脳会議(11/17・18)にトランプ大統領の代理出席するペンス副大統領の動向に注目したい。彼は10月4日に中国をバッシングした一方、直接中国と接触する立場でもある。G20首脳会議(11/30~12/1)での米中首脳会談開催においてトランプ大統領のディールにも期待があるようだ。会談の中身によっては、来年以降、米中対立の激化で制裁対象が拡大する恐れもある。リスクに備えたい。「米長期金利」に注目するのは、10月初旬からの世界的な株式市場の急落の原因の1つと言われているからだ。図表3をご覧いただきたい。トランプ氏が次期大統領に決まって約2年間、長期金利上昇と共に日本株式も上昇してきた。トランプ政権による大型減税と規制緩和による経済政策が成功したためだ。しかし、10月3日に米長期金利3.20%を上抜けしたタイミングから、真逆の動きとなり、悪い金利上昇に変わった可能性がある。10月5日に発表された「米雇用統計」をみても賃金上昇が確認され、FRBのパウエル議長が、賃金上昇リスクについて発言し、マーケットは大きく動揺した。今後も米国の長期金利上昇によるマーケットの反応に警戒したい。

 


執筆者

糸島 孝俊ストラテジスト

証券系シンクタンクの企業調査アナリストを経て、日系大手運用会社にて投資顧問や投資信託の資金を国内株式中心に運用。その後、ヘッジファンドや独立系運用会社でもアクティブ・ファンドマネージャーとして従事。運用経験通算21年。最優秀ファンド賞3回・優秀ファンド賞2回の受賞歴を誇る日本株式ファンドの運用経験を持つ。ピクテでは、ストラテジストとして得意とする国内株式を中心に主要国株式までカバー。日経CNBC「朝エクスプレス」金曜日担当レギュラーコメンテーター。ラジオNikkei、ストックボイスにも月一回出演中。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る