中国経済:改善は一時的、中期的には再び鈍化の可能性 | ピクテ投信投資顧問株式会社

中国経済:改善は一時的、中期的には再び鈍化の可能性 アジア 中国 新興国

2016/10/05新興国

ポイント

2016年9月の中国PMIは、政府発表のPMI、民間発表のPMIともに景況感の分岐点である50を上回りました。サブ指数の多くが、経済活動の改善を示唆しており、このような状況が続くならば、下期の経済成長率が6.5%を上回ることも予想されます。ただし、固定資産投資の縮小を背景に、2017年には減速基調に転じるものと思われます。

9月のPMIは中国経済の回復を示唆

中国政府が発表した9月の製造業PMIは、前月比変わらずの50.4となり、2014年10月の水準を回復しました。また、財新(中国のメディアグループ)とマークイット(英国の金融情報・調査会社)が発表した9月の製造業PMIは50.1と8月の50.0から上昇し、景況感の分岐点である50を3ヵ月連続で上回りました(図表1参照)。

中国政府発表の9月PMIのサブ指数では、生産指数が52.8、新規輸出受注指数が50.1と、いずれも前月から上昇しました。2014年10月以降、総じて50を下回って推移してきた新規輸出受注指数が50を上回ったことは特に注目され、ここ数ヵ月間の輸出の伸びの改善とも相容れるものと考えます。また、9月の新規受注指数は50.9と8月の51.3を若干下回ったものの、7ヵ月連続で50を上回りました。

中国政府発表の9月の非製造業PMIは、前月比+0.2ポイントの53.7と堅調でした。不動産市場の回復を背景に建設業サブ指数が急騰し過去14ヵ月で2番目に高い水準を付けたことが寄与しました。一方、サービス業サブ指数は同-0.4ポイントの52.3と僅かに低下したものの、50を優に上回りました(図表2参照)。

足元堅調な中国経済、ただし中期的には再び減速の可能性

9月のPMIからは、足元の中国経済が改善基調にあることが確認できます。夏場の洪水被害に対処する復興活動や政府のインフラ投資支援、不動産市場の活況、世界需要の緩やかな回復等、すべての要因が中国経済の成長の勢いを加速させたと考えます。成長の勢いの加速を示唆する証拠が今後も引き続き確認されるならば、向こう3-6ヵ月の経済成長が予想外に堅調となり、2016年下期のGDP(域内総生産)成長率が政府目標の6.5%を上回る可能性もあり得ると思われます。

ただし、中期的には、中国経済の成長率は再び下落基調に転じると考えます。2017年には固定資産投資が再度縮小基調を辿り、経済の減速が予想されます。中国全土で見られる足元の不動産価格の上昇は市場のファンダメンタルズ(基礎的条件)を反映したものではなく、当局の間では懸念が強まっています。そのため、主要都市の幾つかは、1年前に解除したばかりの不動産購入規制を再導入しました。不動産市場が勢いを失い、政府が過剰生産能力の削減を図った構造改革政策を固持するならば、2017年のGDP成長率は政府目標を下回る6.2%前後になる可能性もあるとみています。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る