中国:8月の経済指標は概ね安定するも、年末までは伸びの鈍化が見込まれる | ピクテ投信投資顧問株式会社

中国:8月の経済指標は概ね安定するも、年末までは伸びの鈍化が見込まれる アジア 中国 新興国株式 新興国債券 新興国

2018/09/19新興国

ポイント

中国経済は、年初来、顕著な減速基調を示してきましたが、今月発表の経済指標は、8月の経済活動に幾分ながら安定化の兆しが見られたことを示唆するものとなりました。インフラ投資等の一部の主要な経済活動は一段の減速を余儀なくされたものの、鉱工業生産、小売売上高、固定資産投資の各指数はいずれも前月比小幅の伸びを示しました。中国経済は、政府の景気浮揚策を支えに年末に向けて緩やかな回復が見込まれるものの、9月以降は、一時的に伸びの鈍化が予想されます。

中国の8月の鉱工業生産指数は、前年同月比+6.1%と7月の同+6.0%を僅かに上回りました。電力、ガス、水道等の供給の伸びが加速した一方で、製造業は概ね安定推移し、産業活動の小幅の改善を示唆した最新の製造業購買担当者景気指数(PMI)の内容と相容れるものとなりました。

中国の鉱工業生産指数(業種セクター別)の推移

 

※期間:2014年1月~2018年8月
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

8月の固定資産投資も改善しましたが、年初来の減速基調は変わらず、1-8月累計は前年同期比+5.3%と、1-7月累計の同+5.5%を下回りました。固定資産投資全体の20%以上を占めるインフラ投資(電力・ガス・水道等を除く公共事業)が低調で、1-8月累計は前年同期比+4.2%と1-7月累計の同+5.7%を下回ったことが響きました。一方、8月の不動産投資は前年同月比+10.1%と好調で、製造業の設備投資も同+7.5%と7月の同+7.3%を上回りました。

中国の固定資産投資(業種セクター別)の推移

 

※期間:2014年4月~2018年8月
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

8月の小売売上高は前年同月比+9.0%と7月の同+8.8%を僅かに上回りました。一方、指数の構成項目中、最も重要な自動車売上高は同-3.2%と6月の-7.0%からは改善したものの、7月の同-2.0%には及びませんでした。中国の小売売上高指数の構成項目には、(ケータリング・サービスを含む)飲食業以外のサービス活動が殆ど無いことには注意が必要です。消費者の支出にモノからサービスへのシフトが見られ、サービス消費の伸びがモノの消費の伸びを上回る可能性が高いことを勘案すると、小売売上高指数は、実際の消費の伸びを過小評価している可能性もありそうです。実際に、8月の飲食業売上は前年同月比+9.7%と、前月に続き、物品販売(同+8.9%)を上回っています。

中国の小売売上高指数(構成項目別)の推移

 

※期間:2014年12月~2018年8月
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

中国の直近の経済指標は、経済活動の幾分の安定化を示唆しているように思われる一方で、目先は、伸びの鈍化が予想されます。

貿易摩擦を巡る米中間の緊張の高まりと(国内の)債務の圧縮に因る経済の下振れリスクを軽減するため、中国政府および中央銀行(中国人民銀行)は、一連の政策調整を実行しています。とりわけ、中国人民銀行は(市中銀行から強制的に預かる預金の比率を示す)預金準備率の引き下げと、銀行融資の拡大を目的とした流動性の供給とによる金融緩和を行っています。最新の統計からは、融資残高が直近の最低水準から反発したことが示唆されるものの、反発の勢いは過去の景気刺激策による融資の伸びを遥かに下回ります。過剰債務が政策立案者の喫緊の懸案事項であることを勘案すると、政府に巨額の景気刺激策を発動する意思はないと見られます。

人民元建て銀行融資の伸びの推移

 

※期間:2010年8月~2018年8月
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

金融当局が取り組んできた債務圧縮キャンペーンの方向性は、概ね、変わりません。その結果、8月の「影の銀行(シャドー・バンク)」セクターは規模の縮小が続いていますが、債務圧縮のペースは若干鈍化したものと思われます。このことは、シャドー・バンクに資金調達を依存してきた中小企業を中心とした一部の民間企業が、引き続き、(債務圧縮の)圧力に晒されていることを意味します。

外交面では、米国との貿易摩擦が収束に向かう兆しは見当たりません。トランプ大統領は、2,000億ドル相当の追加関税を9月24日にも発動することを決定していますが、今回の追加関税は、中国の製造業セクターに、既に発動された制裁措置よりも遥かに大きく、かつ歴然とした影響を及ぼし、景況感を冷やす結果となる公算が高いと見られます。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る