2017年5月の水関連株式市場 | ピクテ投信投資顧問株式会社

2017年5月の水関連株式市場 グローバル 環境関連

2017/06/09環境関連

5月の投資環境

5月の世界株式市場は、MSCI世界株価指数(現地通 貨ベース)で上昇しました。

世界の株式市場は、月前半、5月の米連邦公開市場 委員会(FOMC)の声明で1-3月期GDP(国内総生産) の悪化は一時的との認識が示されたことや、フランス大 統領選挙の結果を受け欧州の政治に対する安心感が 広がったことなどを背景に上昇基調となりました。月半 ばには、2016年の米大統領選挙においてトランプ陣営 とロシアが協調していたとの疑惑を受けリスク回避の動 きから株式市場は一時、大きく下落する場面もありまし た。しかしその後は、独Ifo企業景況感指数などの経済 指標や米FOMC議事録が欧米経済の堅調さを示す内 容であったことから株式市場は再び上昇し、月間でも 上昇となりました。

業種別では、情報技術や公益、生活必需品などが大 きく上昇した一方で、エネルギーや素材、金融などは下 落しました。エネルギーは下旬に原油価格が下落した ことが影響しました。

こうした中、水関連企業の株価は上昇しました。セク ター別では、上下水道ビジネスセクターは市場を上 回った一方で、装置製造・エンジニアリングセクターや 環境マネジメント・サービスセクターは市場を下回って 推移しました。上下水道ビジネスセクターは新興国市 場が軟調だった一方で先進国市場はしっかりとなりまし た。

ブラジルでは、テメル大統領の汚職スキャンダルを受 けて、ミナスジェライス水道会社やサンパウロ州基礎衛 生公社などが一時売り込まれる展開となりました。また、 中国経済の停滞が意識される中でチャイナ・エバーブ ライト・インターナショナルや広東インベストメントなどが 軟調に推移しました。一方で、欧州では域内を中心に コンセッション事業に従事するスエズやヴェオリア・エン バイロメントなどは好決算やフランス大統領選挙でビジ ネス・フレンドリーな公約を掲げるマクロン氏が勝利した ことを好感して買われる展開となりました。また、ユナイ テッド・ユーティリティーズやぺノン・グループといった英 国の規制下公益企業も好決算が好感されて上昇しま した。装置製造・エンジニアリングセクターでは、サーモ・ フィッシャー・サイエンティフィックやパーキンエルマーな どの分析機器関連企業がそれぞれM&A(合併・買収) の発表や好決算を受けて上昇しました。一方、天候要 因や製造コストの上昇などを受けて予想を下回る決算を 発表したフォーテラが急落した他、アドバンスト・ドレナー ジ・システムもコスト増加懸念が株価の重石となりました。 また原油価格の下落を受けてポンプ等の製造を手がけ るフローサーブも軟調に推移しました。環境マネジメント・ サービスセクターは、コスト増加による収益性悪化が懸 念されてコンサルティング関連企業が下げた一方で、廃 棄物処理関連企業は堅調に推移し、まちまちとなりまし た。

今後の見通し

世界の購買担当者景気指数(PMI)は景気の拡大を示 唆する水準を維持し、フランスなどの一部の国において も回復の兆候が見られています。一方で、米国における トランプ政権への期待相場の勢いに陰りが見られる他、 商品市場では荒い値動きが続いており、市場の警戒感 は強まっています。また、英国では議会総選挙なども控 えていることから、トランプ政策の実行性なども含めて政 治リスクの潜在的な影響にも注意が必要であると見てい ます。こうした環境下、政治リスクの表面化に備えてディ フェンシブ性(景気の変動に左右されにくい特性)の高い 銘柄をポートフォリオの中心に据える方針を維持しました。 一方で力強い製造業関連の経済指標が発表されれば、 相場に上値余地をもたらすと見ており、景気敏感な銘柄 にもバランス良く投資していきます。足元では、軟調さが 目立った新興国の公益関連企業に投資妙味があるもの と見ている他、米国のインフラ支出への期待が薄れる中 で相対的に弱かった水道インフラ関連にも注目していま す。また、米国および英国における規制下の公益関連 企業や廃棄物関連企業についてはそのバリュエーション (投資価値評価)水準が非常に高いことから注視してい ます。

水関連インフラへの投資は必要不可欠であり、中長期 的に見ると、世界的に事業展開を行う水関連銘柄のファ ンダメンタルズは堅調であると考えます。温暖化の影響 から世界的な気候変動によって引き起こされる干ばつや 洪水の問題なども、水関連インフラへの投資を呼び起こ しています。中長期的に水関連銘柄は引き続き魅力的 な投資対象であると考えます。

(※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。)

 

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。
またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る