2018年11月の水関連株式市場 | ピクテ投信投資顧問株式会社

2018年11月の水関連株式市場 グローバル 環境関連

2018/12/20環境関連

11月の投資環境

11月の世界株式市場は、MSCI世界株価指数(現地通貨ベース)で上昇しました。

世界の株式市場は、10月の大幅な下落からの買戻しの動きや、米中間選挙の結果が概ね予想通りであったことなどから、上旬にかけては上昇傾向となりました。しかし中旬はハイテク銘柄の今後の業績に対する不安が台頭し、原油価格の下落でエネルギー関連株が売られたことから軟調な展開となりました。月末にかけては、クリスマス商戦が堅調なスタートとなったことや、パウエル米連邦準備制度理事会議長の発言を受け、予想よりも利上げ終了時期が近いとの見方が強まったことなどを受けて反発し、月を通じては上昇しました。 業種別では、金利上昇懸念が和らいだことから、公益セクターが市場全体を上回る上昇率となりました。また、景気敏感セクターの資本財・サービスも市場全体を上回る上昇率となりました。

こうした中、水関連企業の株価(現地通貨ベース)は市場を上回る上昇となりました。全セクターで上昇となるなか、装置製造エンジニアリングセクターが最も大きく上昇しました。装置製造エンジニアリグセクターは、産業関連や地方自治体インフラ関連の最終市場が依然として成長トレンドであることが企業の決算発表により示された事などから、主に地方自治体インフラとモニタリング関連の企業の上昇にけん引され、10月の下げ幅を取り戻しました。

上下水道ビジネスセクターもまた、米国の規制下の水道公益事業銘柄の多くが第3四半期決算で期待を上回る結果を発表したため、良好なパフォーマンスとなりました。公益事業関連は、セクター・サイクルの恩恵を受け上昇しており、9月末以降では最も良好なリターンであり、また、9月以降でプラスのリターンとなっている2つのセグメントの一つです。また、新興国のコンセッション銘柄は、ポジティブな政治ニュースが市場の期待を下支えしました。

例えば、ブラジルで企業にとって支援的なボルソナロ氏が新大統領に選ばれたことや、米中の貿易摩擦問題がアルゼンチンで行われたG20首脳会合で議題として取り上げられ沈静化されたことなどから、市場は楽観的な見方をしています。

環境マネジメント・サービスセクターもまた上昇しましたが、同セクター内の廃棄物処理銘柄は良好なパフォーマンスだったものの、コンサルティング関連銘柄が重石となり、他のセクターを下回る上昇となりました。

 

今後の見通し

安定的だった世界のマクロ景気はここ数週間、既成秩序を揺るがす貿易戦争や金利上昇に関する懸念から不透明感が増しましたが、経済成長は堅調で企業の金利上昇や物価変動に対する対応力が増していることが最近の企業業績発表などを通じて明らかになっています。引き続き2018年通期の利益率拡大が見込まれることから足元の市場のボラティリティの高まりは銘柄のミスプライスをもたらし、魅力的な投資機会を与えるものと考えます。

水関連インフラへの投資は必要不可欠であり、中長期的に見ると、世界的に事業展開を行う水関連銘柄のファンダメンタルズは堅調であると考えます。温暖化の影響から世界的な気候変動によって引き起こされる干ばつや洪水の問題なども、水関連インフラへの投資を呼び起こしています。中長期的に水関連銘柄は引き続き魅力的な投資対象であると考えます。

※将来の市場環境の変動等により、当資料に記載の内容が変更される場合があります。

記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、当資料におけるデータは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

 ※MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る