2019年3月の水関連株式市場 | ピクテ投信投資顧問株式会社

2019年3月の水関連株式市場 環境関連

2019/04/18環境関連

3月の投資環境

3月の世界株式市場は、MSCI世界株価指数(現地通貨ベース)で上昇しました。

世界の株式市場は、上旬は、欧州中央銀行(ECB)が経済成長見通しを引き下げたことや米雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回ったこと、中国の輸出の減少などを背景に世界的な景気後退懸念が高まり下落しました。その後、中旬にかけては中国の景気刺激策に対する期待や、3月米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内利上げ停止が示唆されたことなどが好感され上昇基調となりました。下旬にはドイツの製造業購買担当者景気指数(PMI)の急落や米国における長短金利の逆転などを背景に、世界経済の後退懸念が再燃し、再び下落しましたが、月間では小幅な上昇となりました。

業種別では、生活必需品、情報技術、公益などの上昇率が高くなった一方、金融や資本財・サービス、素材などは下落しました。

こうした中、水関連企業の株価(現地通貨ベース)はほぼ市場並みとなりました。上下水道ビジネス・セクターは横ばいとなりましたが、装置製造・エンジニアリング及び環境マネジメントサービスの両セクターは上昇しました。

上下水道ビジネス・セクターについては、英国の水道公益企業は今後の水道料金改定にむけて当局と順調に手続きが進んでいるものの、英国のEU離脱の不透明感や水道事業の再国有化の議論もあり軟調でした。その他欧州と米国の水道公益企業は堅調でした。米国のアクア・アメリカはガス事業の買収資金をカナダの年金基金から調達することを発表し株価が小幅ながら上昇しました。

装置製造・エンジニアリング・セクターでは、モニタリング関連でダナハーやサーモフィッシャーサイエンティフィックがライフサイエンス分野での需要の構造的な増加などにより堅調な今年の見通しを発表したことなどにより上昇しました。また、多角経営企業ではエコラボが、独自の環境に配慮した製品が評価され堅調な展開となりました。一方、キャンテル・メディカルとアンドリッツは発表された業績が予想に達せず下落しました。地方自治体のインフラ企業のザイレムは、同分野のトップ企業としてサービス事業の拡充を進めたことが株価上昇要因となりました。

環境マネジメント・サービス・セクターも主に廃棄物処理銘柄にけん引され上昇となりました。良好な需給関係と堅調な料金推移が評価されています。特にウエイスト・コネクションズはM&A戦略により事業範囲を拡大し、廃棄物収集の効率を高め、事業効率を改善させています。

 

今後の見通し

水への需要は人口動態の変化、経済成長、医療問題、商業化(民営化)、サスティナビリティーなどのメガトレンド(長期的な大きなトレンド)により増加していくものと見られ、水関連銘柄への投資が重要になります。経済成長と都市化の進展により、都市における水の需要は2050年までに現在より80%増加すると予想しています。また、多くの人々が下水処理などの衛生設備にアクセスできないでいます。国連とOECD(経済協力開発機構)の予想では、現行の投資ペースでは2050年においても依然として14億人が公衆衛生サービスを受けられないとしています。この問題を解決するためには、2030年まで現状年間6,000億ドルの投資ペースから年間1兆ドルへ増加させる必要があると推定しています。こうした投資の必要性により水関連の投資収益は高いものとなり、投資家にとって魅力的なものとなると考えています。

水関連インフラへの投資は必要不可欠であり、中長期的に見ると、世界的に事業展開を行う水関連銘柄のファンダメンタルズは堅調であると考えます。温暖化の影響から世界的な気候変動によって引き起こされる干ばつや洪水の問題なども、水関連インフラへの投資を呼び起こしています。中長期的に水関連銘柄は引き続き魅力的な投資対象であると考えます。

※データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
※記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、当資料におけるデータは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

※MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る