競争力のある眼科薬が業績をけん引するリジェネロン | ピクテ投信投資顧問株式会社

競争力のある眼科薬が業績をけん引するリジェネロン グローバル バイオ医薬品

2016/06/15グローバル

ポイント

主要なバイオ医薬品企業であるリジェネロンは、阻害剤の研究・開発で強みを持っています。現在は加齢黄斑変性治療薬アイリーアが同社の売上の大半を占めていますが、今後、新薬の承認が続くことが予想されており、市場平均を上回る業績の伸びが期待されます。

リジェネロン:眼の疾患(加齢黄斑変性)治療薬アイリーアが業績をけん引

代表的なバイオ医薬品企業であるリジェネロン・ファーマシューティカルズ(米国)は、長期にわたり順調に業績を伸ばしています。

特に2011年11月に欧米で成人の失明原因の第1位となっている加齢黄斑変性の治療薬であるアイリーアが承認されて以降、2012年から2015年の4年間で売上高は9.2倍となり、当初、赤字が続いていた営業利益についても、2012年以降は黒字が計上されています(図表1参照)。

またリジェネロンの今後の業績見通しについても、2016年から2019年にかけて売上高が年率+19%、営業利益が年率+28%で伸びると予想されています(ブルームバーグ集計アナリスト予想平均)。

注:あくまでも承認の可能性であり、時期のずれや承認されない場合もあります。出所:ブルームバーグ、会社資料のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として紹介したものであり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。

堅調な業績と有望なパイプラインなどを受け株価は堅調

有望な治療薬やパイプラインを有し、今後も業績の伸びが期待されるリジェネロンは、長期にわたりナスダック・バイオテック指数を大きく上回るリターンとなっています(図表2参照)。

2016年年初は、リジェネロンの業績は堅調に推移しているものの、株式市場全体が調整する中、同社の株価も下落しましたが、1999年12月末~2016年5月末までのパフォーマンスを見ると、期間中、リジェネロンの株価は31. 3倍と、ナスダック・バイオテック指数の3.4倍を大きく上回る上昇となりました。

リジェネロンは、有望な治療薬や今後承認が期待される治療薬候補を有しており、引き続き市場全体を上回る増収が予想されており、今後の株価動向が注目されます。

※ナスダック・バイオテック指数はトータルリターン
出所:ブルームバーグ、会社資料のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。記載されている個別の銘柄・企業については、あくまでも参考として紹介したものであり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。

アイリーアは加齢黄斑変性治療薬でトップの治療薬に

加齢黄斑変性は欧米で患者が多い眼の病気ですが、近年、生活の欧米化や高齢化などにより日本でも増加しています。

重度の加齢黄斑変性の罹患者数は、日本では1998年に37万人でしたが2007年には69万人と86%増加しています。また米国では2010年に210万人だった患者数が2050年には540万人にまで増加するとの予測がされています(図表3参照)。加齢黄斑変性には滲出型と萎縮型の2種類ありますが、現在、有効な治療法が存在するのは滲出型だけです。

滲出型加齢黄斑変性の治療法は、いくつかありますが、そのひとつがアイリーアなどVEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤を使用した治療法です。

滲出型加齢黄斑変性は、眼の網膜にある「黄斑」とういう部分が網膜のすぐ下にできた新しい血管(新生血管)によりダメージを受けることで発症します。正常な網膜にはない新生血管は非常にもろく、成分の漏出や出血を起こしやすいという特徴があり、この新生血管から出た液体が視覚障害を引き起こしています。滲出型加齢黄斑変性の原因となっている新生血管はVEGFの働きにより活発に成長しますが、アイリーアなどVEGF阻害剤は、VEGFの働きを抑制し新生血管の成長を抑えることで、視力の低下を抑える効果があります。

アイリーアと競合するVEGF阻害剤としてルセンティス(ロシュ、スイス)やがんの治療薬としても使用されているアバスチン(ロシュ、スイス)などがあります。 アイリーアはルセンティスよりも持続性が高いことから投与の回数が少なくてすむという利点があり、2015年にはルセンティスの売上高を上回り、滲出型加齢黄斑変性治療薬ではトップの売上となりました。また今後の売上高見通しでも、アイリーアは2016年から2019年にかけて年率12%で売上が伸びると予想されています(図表4参照)。

阻害剤で存在感を示すリジェネロン

アイリーアの他にも、リジェネロンには阻害剤で既に承認を受けているものや治験中のパイプラインを含めて有望な治療薬 があります。

プラルエント(仏サノフィとの共同開発)は、「PCSK9」というLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を除去する肝臓の機能を妨げるタンパク質を阻害する薬(PCSK9阻害剤)で、スタチン剤(高コレステロール血症治療薬として低価格で広く普及している)の効き目のない患者などへの限定付きで、2015年7月に米食品医薬品局(FDA)により承認を受けました。プラルエントは高価格なことや競合治療薬の存在などにより、承認後の販売の立ち上がりは緩やかなものにとどまっていますが、現在、リジェネロンが進めているプラルエント使用によって心臓疾患による死亡を減少させるなどの研究成果が公表(中間結果が2016年後半、最終結果が2017年)されれば、売上の大きな伸びにつながる可能性があり、市場で注目されています。

開発中の治療薬候補は、適用拡大も含めてフェーズ3が6つ、フェーズ2が8つ、フェーズ1が2つあり、中でも関節リウマチ治療薬サリルマブやアトピー性皮膚炎などの治療薬デュピルマブが注目です(図表5参照)。

関節リウマチ治療薬のサリルマブ(IL-6阻害剤)は、現在、米FDAに承認申請中であり、2016年10月30日までに審査結果が判明する見込みです。アトピー性皮膚炎などの治療薬であるデュピルマブ(IL-4/13阻害剤)は、2016年4月に中等から重度のアトピー性皮膚炎の成人に対するフェーズ3治験で目標達成しており、2016年7-9月期中の米FDAへの承認申請、2017年中の承認が期待されています。

上に挙げた3つの治療薬(候補含む)の売上高はプラルエントとデュプリマブが2019年にはそれぞれ15億ドル(約1,650億円)程度、サリルマブについても8億ドル(約880億円)となることが予想されており、アイリーアと共に同社の業績をけん引する治療薬となることが期待されています(図表6参照)。

(※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。)

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る