低金利環境下、相対的に魅力が高まる金 | ピクテ投信投資顧問株式会社

低金利環境下、相対的に魅力が高まる金 グローバル 先進国 新興国 新興国債券

2020/02/19グローバル

ポイント

金価格と米国金利の関係を見ると、米国金利が高い水準で推移している時には金利収入を生まない金の相対的な魅力は低下します。一方、低金利の局面では、金の相対的な魅力が高まります。

金価格は長期的に上昇基調、ただし大きく下落する局面も

金価格は長期的に上昇基調となっていますが、価格が大きく下落する局面もありました

ご覧の通り、金価格は1971年から1980年の間に38ドルから667ドルに上昇したあと、1999年の255ドルまでじわじわと低下していきました。

金価格と米国金利の関係

この時期に金価格が下落していた理由として、米国の金利が非常に高かったことが挙げられます。

米国10年国債の利回りは1981年の15.8%がピークとなりましたが、その後も高い水準が続きました。ただ、この米国10年国債の利回りが5%をきった2001年あたりから、再び金価格は上昇に転じる動きとなりました。そして、2004年から2005年にかけて約400ドル近辺であった金価格は1,800ドルを超える水準まで上昇しました。

足元、主要国の金利水準は低位で推移しています。こうした局面は、金が強みを発揮できる局面といえるでしょう。

 

 

※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。

データは将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る