豪中銀の今後の金融政策の方向性を占う | ピクテ投信投資顧問株式会社

豪中銀の今後の金融政策の方向性を占う オセアニア

今回の豪金融政策会合では足元上昇傾向となっている豪ドルに対する豪中銀のコメントに注目しました。声明で豪ドル高への極端な懸念は示されなかったものの、緩和姿勢維持により豪ドル高の勢い低下の可能性もあります。

豪中銀:政策金利を市場予想通り2%に据え置き、為替について言及

オーストラリア準備銀行(中央銀行、豪中銀)は2016年4月5日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を2%に据え置くことを決定しました。市場ではほぼ全員が政策金利の据え置きを予想していました。2015年5月に利下げして以降、豪中銀は政策金利を据え置いています。

なお、声明では為替(豪ドル)について、豪ドルの上昇は経済の調整を複雑化させる可能性があると指摘しています。

どこに注目すべきか:鉄鉱石価格、豪ドル、トリム平均、雇用市場

今回の豪金融政策会合では足元上昇傾向となっている豪ドル(図表1参照)に対する豪中銀のコメントに注目しました。

声明で豪ドル高への極端な懸念は示さなかったものの、緩和姿勢維持により豪ドル高の勢い低下の可能性もあります。

まず、豪ドルは(対ドルで)、年初の安値から足元1割以上豪ドル高となっています。過去豪ドル高をしきりに懸念していた豪中銀ですが、鉄鉱石価格の回復に伴う豪ドル高という現局面で、恐らく豪ドルのさらなる上昇に懸念を持ちつつも、声明で為替に対し直接的な表現は控えた印象です。

それでも、今後の豪金融政策を占うと、政策金利の据え置きを維持しつつも、経済指標の悪化が明らかとなれば利下げで対応する可能性もあると見ています(緩和バイアス)。

そこで注目したい経済指標の1つ目はインフレ率(図表2参照)で、豪中銀は緩和姿勢を維持する拠り所としてインフレ率が低水準であることを指摘しています。例えば、前回の声明文では低インフレ環境が継続すれば、追加金融緩和余地を与えるだろうと指摘しています。今回の声明では低インフレ率が1、2年続くとの見込みを述べています。

2つ目は豪雇用統計です。豪中銀理事会の議事録(3月1日開催分)で雇用環境は改善していると述べるなど堅調です。

しかし、例えば雇用者数変化の動向を見ると、2015年末から回復の勢いに低下が見られる(図表3参照)など、変化の兆しも見られます。豪経済は軟調な輸出を雇用や住宅が支える構図であっただけに、雇用市場の変化に注視が必要です。

7月に総選挙も見込まれ、当面、政策金利は据え置かれる可能性もありますが、経済指標次第の展開も想定されます。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る