利下げ余地が生まれつつあるロシア | ピクテ投信投資顧問株式会社

利下げ余地が生まれつつあるロシア 欧州/ユーロ圏 ロシア

2016年4月5日に発表された3月のロシアの消費者物価指数は市場予想や前月を下回る結果となりました。インフレ圧力が弱まりつつある中、ロシアでは景気を下支えするための利下げ余地が生まれつつあると考えます。

ロシア消費者物価指数:上昇率は前月および市場予想を下回る

ロシア連邦統計局が2016年4月5日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比の上昇率が+7.3%と、前月の同+8.1%から鈍化し、市場予想(同+7.5%)を下回りました(図表1参照)。インフレ率は引き続き鈍化しており、ロシア中央銀行(ロシア中銀)にとって景気を下支えするための利下げ余地が生まれつつあることを示す結果となりました。なお、変動の激しい項目を除外したコアCPIについても、3月が前年同月比で+8.0%と、前月(同+8.9%)、市場予想(同+8.1%)を下回りました。

どこに注目すべきか:3月の中銀声明、ルーブル、原油価格

3月のロシア中銀の金融政策会合の声明は市場の想定よりもタカ派(金融引き締めを選好する傾向)寄りのトーンでしたが、原油価格や主要経済指標の中には、ロシア中銀が声明の中で想定していたよりも金融緩和を支持する方向に乖離するものも見られ、金融政策については短期的には据え置くも、今後は金融緩和方向にバイアスがかかると考えられます。

まず、ロシア中銀の前回の金融政策会合(3月18日開催)を振り返ると、タカ派寄りと思わせたのは声明文の冒頭に「インフレ率目標(4%)に到達するため、ロシア中銀は依然想定していたよりも長く緩やかな金融引き締め姿勢を維持」とあったことが大きいように思われます。しかしながら、ロシア中銀が想定する経済指標の前提と、実績値を比べるとロシア中銀の見通しよりも早く改善したものも見られ、時期はともかく、利下げの可能性は高まりつつあるようにも思われます。例えば、ロシア中銀のインフレ率見通しは年率で+6%を下回るのが2017年3月、インフレ率目標でもある+4%を下回るのは2017年後半と見込まれています。一方、CPIの実績値は2016年3月で+7.3%と水準は高いものの下落傾向です(図表1参照)。

次に、ルーブルと原油価格の推移です。ロシア中銀は声明文ではルーブルの水準に言及していませんが、ルーブル相場はインフレ率に影響(ルーブル高ならインフレ率は低下する傾向)すると述べています(図表2参照)。一方、原油価格について、ロシア中銀の見通しは2016年は平均30ドル/バレル、2018年にかけ緩やかに上昇して40ドル/バレルと述べられており、ロシア中銀の想定を早期に実現する可能性も考えられます。

最後に、ロシア中銀はGDP(国内総生産)成長率が前期比でプラスに転じるのは2016年後半から2017年前半と見込んでいますが、既に4四半期連続でマイナス成長が続くロシア、景気てこ入れ策を早めたいのが本音と思われます。

ルーブルや原油価格の回復は様子を見る必要もあること、米国の金融政策の動向も気になることから、ロシア中銀は当面据え置く可能性もありますが、金融政策の方向性は引き続き引下げであると見ています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る