忘れてはいけない、アジアインフラ投資銀行 | ピクテ投信投資顧問株式会社

忘れてはいけない、アジアインフラ投資銀行 アジア 中国

中国の習近平主席が設立を提唱したAIIB。設立準備わずか2年ほどで発足し、2016年にはインフラ投資への融資が行われる見込みです。想定される融資の内容を見ると、アジアへのインフラ投資には潜在的な需要が見られます。

アジアインフラ投資銀行(AIIB):最初の融資先として中央アジアで道路建設を検討か

英紙フィナンシャル・タイムズの2016年4月20日の報道によると、中国主導で2016年1月に開業したアジアインフラ投資銀行(AIIB)が最初の融資先として、中央アジアでの道路建設3案件を検討している模様です。正式決定は6月頃が見込まれています。報道によると3案件ともアジア開発銀行(ADB)など他の国際金融機関との協調融資になる見通しです。

どこに注目すべきか:AIIB、創設国、協調融資、ガバナンス

中国の習近平主席が2013年に設立を提唱したAIIBは設立準備わずか2年ほどで発足し、2016年にインフラ投資への融資が行われる見込みです。想定される融資の内容を見ると、アジアへのインフラ投資には潜在的な需要が見られます。

日本が参加を表明していないこともあり、日本での関心が高いとはいえないAIIBですが、その歩みを振り返ると、国際開発金融機関として着実に準備を進めてきています(図表1参照)。2014年10月、設立覚書に調印したのは主にアジアの国々でしたが、2015年3月に英国など欧州の主要な国が参加を表明したことで、「国際」色が強まりました。2015年末には57ヵ国で発足にこぎつけています。

次にAIIBの構成を出資金(資本)構成で見ると、中国を筆頭としたアジア(50%以上)にロシアなど旧ソ連等とサウジアラビアなど中東が域内メンバー(37ヵ国、75%)を構成しています。

一方で英国など欧州やブラジルなどが域外メンバー(25%)を構成しています。AIIBの(授権)資本は1,000億ドルですが、第1回の払込資本は200億ドルで設定(残りは各年追加支払)されており、2016年に想定される融資額(12億ドルから20億ドル程度を予想)の原資は満たされると思われます。

報道を元に融資の内容を見るとアジア開発銀行(ADB)などと組んでのパキスタンの高速道路の延伸工事や、世界銀行などと連携してカザフスタンでの環状道路の建設、タジキスタンの案件ではADBや欧州復興開発銀行(EBRD)と共同での融資が見込まれています。中国政府が提唱する「一帯一路」(シルクロード開発)を意識した内容ですが、AIIBは運営にあたり一帯一路の表現は避け、中国主導色を抑えるよう努めています。また、注目なのは、当初の案件ではAIIB単独融資でなく世界銀行など他の国際開発金融機関と資金調達協定を結び共同融資とすることで高水準のガバナンス(統治)、公正な運営を前面に出し実績を積み重ねる戦略と見られます。

ただし、台湾が中国色を懸念して加盟を見送るなど、AIIBの運営には国際金融機関として改善すべき課題も見られます。

それでもAIIBが目指すアジアのインフラ投資等は魅力的であり、中国の取り組みに関心を払う必要があると見ています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る