ブラジルは景気後退から抜け出せるか? | ピクテ投信投資顧問株式会社

ブラジルは景気後退から抜け出せるか? 中南米 ブラジル

ブラジルは2016年1-3月期GDP成長率が再びマイナスとなり、景気後退局面が続いています。ただし成長率はマイナスながら、マイナス幅は縮小し、一部の需要項目は市場予想を上回るなど、底打ちの兆しも見られます。

ブラジル1-3月期GDP:前年同期比で8四半期連続でマイナス成長

ブラジル国家統計局(IBGE)は2016年6月1日、1-3月期GDP(国内総生産)成長率は前年同期比でマイナス5.4%と発表しました。また前期比ではマイナス0.3%と、市場予想(同マイナス0.8%)、前期(同マイナス1.3%、速報値のマイナス1.4%から上方修正)を上回りました(図表1参照)。前期比のマイナス成長は5四半期連続、前期比年率でのマイナス成長は8四半期連続となります。

どこに注目すべきか:ブラジルGDP、大統領弾劾裁判、政策金利

ブラジルは2016年1-3月期GDP成長率が再びマイナスとなり、(定義的な)景気後退局面が続いています。ブラジルのマイナス成長がどの程度続くかを占う上で、次の点に注目しています。

まず、ブラジルの今後のGDPの動向を占うために、現状を需要項目別に振り返ります(図表2参照)。前期(10-12月期)と比べて各需要項目とも輸入を除き改善しています。特に政府支出は市場予想を上回って改善しています。また、投資は高い実質金利と、疑惑がもたれている国営石油会社などの投資見直しなどを受けマイナス幅は15%を超えていますが、1-3月期の投資は市場予想は上回っており、想定ほどには悪くなかったともいえます。一方、個人支出は前期より改善していますが、市場予想は下回っており、懸念が残ります。

次に、ブラジル中央銀行が実施しているエコノミスト調査を見ると、ブラジルのGDPは次の4-6月期は軟調な動きが想定されています。大統領弾劾裁判の手続きなど政局が不安定なことで投資が手控えられたことがマイナス要因として想定されるからです。しかし予想を見ると悪化は一時的で、2016年末に向けて改善が想定されています。

では、ブラジル景気の回復要因として(先のサーベイで)想定されるのは、政策金利の引下げで、現在の14.25%から2016年末には13%程度までの利下げが想定されています。

足元低下傾向となっているインフレ率は現在の9%台から7%台への低下が想定されていますが、条件として通貨レアルの安定が今後も大切になると見られます。商品価格が回復すればプラス要因として期待されますが、先行きは不透明です。

反対に懸念材料は政治が不安定なことです。この2週間ほどで、テメル暫定政権から2名もの閣僚が退任しています。4-6月期GDP予想が軟調なのは政局の不安定さが要因と見られるだけに、マイナス要因として懸念されます。

なお、ブラジルではオリンピックが開催されますが、格付け会社の予想などを見ると、スポンサー企業のマーケティング等にプラス効果が期待されるものの、開催は短期間で、プラス効果は限られると見られています。

ブラジルの今後は、政局など不安要因はあるものの、商品価格の回復や利下げ環境が整うようであれば最悪期を脱する可能性も考えられます。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る