中国は英国国民投票の影響を受けるか? | ピクテ投信投資顧問株式会社

中国は英国国民投票の影響を受けるか? アジア 中国

新興国の経済動向を左右する中国経済は英国の国民投票の影響で悪化するのだろうか?英国の離脱プロセスが秩序あるものであるならば、中国への影響は比較的小さくすむ可能性も考えられます。

中国PMI:英国国民投票の影響が懸念される中、6月のPMIはまちまちの結果に

中国国家統計局が2016年7月1日に発表した6月の(政府系)製造業購買担当者景気指数(PMI)は50と、市場予想(50)と一致したものの5月の50.1からは低下しました。同時に発表された6月の非製造業PMIは53.7と5月の53.1を上回りました。

一方、財新伝媒が同日に公表した6月の中国製造PMIは48.6と前月(49.2)を下回りました。なお、いずれの指数も50が経済活動の拡大、縮小の目安を示します(図表1参照)。

どこに注目すべきか:製造業PMI、CDSスプレッド、輸出

新興国の経済動向を左右する中国経済は英国の国民投票の影響で悪化するのだろうか?そもそも英国の欧州連合(EU)離脱の方針が不透明でもあり、観測の域にはとどまりますが、英国の離脱プロセスが秩序あるものであるならば、中国への影響は比較的小さい可能性も考えられます。

まず、英国国民投票後に公表された政府系PMIは安定的な推移となりました。特に消費などを反映する非製造業PMIには底打ち感も見られます。一方、中小企業を主な調査対象とする財新製造業PMIは48.6と節目の50を大きく下回り気がかりな数字となっています。ただし、今回のPMIは英国国民投票から1週間しか経過していませんが、例えばCDS(クレジット・デフォルト・スワップ、信用リスクを対象としたデリバティブ商品のことでスプレッド上昇(低下)は信用力悪化(改善)の目安)スプレッドを見ると6月半ば前から英国、中国とも国民投票への警戒感が見られました。

なお、英国のCDSスプレッドは現在、国民投票前の水準を上回って(信用力悪化)いますが、中国は国民投票前の水準に戻っています。

次に中国の貿易(輸出)に占める英国の割合を見ると約2.6%と決して小さくは無いものの、他の国に比べ突出して影響が大きいとはいえないと見られます(図表2参照)。むしろ足元人民元安が、資本逃避の懸念は依然残るものの、緩やかに進行していることが下支えとなる可能性も考えられます。

また、中国のインフレ率は2%近辺で安定的に推移し、インフレ率目標(3%)を下回っています。したがって外部ショックに対して金融政策出動の余地は残されていると見ています。

したがって英国国民投票の影響は、今後の動向次第ながら、比較的軽微とも考えられます。むしろ、中国の懸念は経済成長を支えている建設投資が特定の地域に偏るなど不安な面も見られます。また、最も懸念されるのは過剰債務、過剰投資の解消には程遠い状況と見られる点です。

英国の騒動よりも、中国固有の問題を慎重に注視することが必要と見ています。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る