沈黙を続けるドラギ総裁の手の内は? | ピクテ投信投資顧問株式会社

沈黙を続けるドラギ総裁の手の内は? 欧州/ユーロ圏 ドイツ

ドラギ総裁は9月8日のECB政策委員会を前に沈黙を守っています。ECBは金融政策の行方を経済統計に委ねた格好ですが、足元のデータの中には追加金融緩和が想定される内容も、一部ながら見られます。

ドイツ8月消費者物価指数:インフレ率は市場予想を下回る

ドイツ連邦統計局が2016年8月30日に発表した8月のドイツ消費者物価指数(CPI)は、欧州連合(EU)基準で前年同月比0.3%上昇と、市場予想(同0.5%上昇)7月(同0.4%上昇)を下回りました(図表1参照)。また、前月比で見るとマイナス0.1%下落となり、市場予想(0.1%上昇)や、前月(0.4%上昇)を下回りました。低インフレが長引くことが明らかになれば、追加緩和を実施すると表明している欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁にとって注意が必要なデータと思われます。

どこに注目すべきか:ユーロ圏CPI、民間向け融資、TLTRO

米連邦準備制度理事会(FRB)イエレン議長の講演で注目を集めたジャクソンホールの出席を見合わせるなど、ドラギ総裁は9月8日のECB政策委員会を前に沈黙を守っています。

ECBは金融政策の行方を経済統計に委ねた格好ですが、足元のデータの中には追加金融緩和が想定される内容も、一部ながら見られます。

例えば、ユーロ圏CPIは7月は前年同月比+0.2%とECBの物価目標を下回っています。8月分は8月31日に公表されますが、8月30日に公表されたドイツの8月CPIを見ると同+0.3%と市場予想を小幅ながら下回っています(図表1参照)。ドイツのCPIの内容で気になるのは、食品やサービスなど(回復が期待される)内需関連がさえない数字となっていることです。

エネルギーは最近の原油価格の回復を反映してCPIの上昇要因として期待されますが、この原油価格の回復による下支え効果は今後低下も見込まれ、その後のインフレ率の回復には内需項目の上昇が必要なだけに、やや気になります。

2点目は、融資の伸びにバラツキが見られる点です。融資全体のフローの変化を見ると概ね横ばいながら、家計に代表される民間向け融資は伸び悩んでいます(図表2参照)。これは非民間部門向け融資で全体を何とか取り繕っている可能性があります。気になるのはECBが金融政策の重心をマイナス金利から融資(クレジット)の拡大へシフトする動きが見えていただけに気になるところです。例えば、ECBが期待を寄せていた「的を絞った長期資金供給オペ(TLTRO)」の初回オペの結果が6月に公表されましたが、総額は3,990億ユーロの利用額でしたが、大半は借り換えで、融資の純増額は数百億ユーロ程度と市場では見込まれています。融資の対象となる投資先が十分なのか検証が必要と思われます。

ただし、ユーロ圏の失業率は低下傾向で、消費も底堅いなどインフレ率などにてこ入れの必要があるものの、目先の景気はまずまずなことから9月の政策委員会で想定される政策は量的緩和(債券購入)政策の実施期限の延長や、購入制約(組入れ上限)の緩和にとどめる可能性も考えられます。もちろん、今後の経済指標やECBの経済予想次第の話ですが。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る