中国債券利回り上昇から浮かび上がる問題点 | ピクテ投信投資顧問株式会社

中国債券利回り上昇から浮かび上がる問題点 アジア 中国

中国国債利回りが上昇しています。背景のうち、分かりやすいのは米国トランプ次期大統領の選出に伴なうグローバルな利回り上昇です。ただし、中国ではトランプ次期大統領以外の要因にも注目すべきと見ています。

中国10年国債利回り:上昇(価格は下落)が続き、約1年4ヵ月ぶりの高水準

中国の10年物国債利回りは2016年12月20日も上昇(価格は下落)傾向を維持しています(図表1参照)。例えば、銀行間資金の取引センターNIFCによる、中国10年債(2026年11月償還、ビッド)の利回りは前日比で0.1%上昇し3.5%と、1年4ヵ月ぶりの高水準となりました。

どこに注目すべきか:
生産者物価指数、キャリー取引、買戻し

中国国債利回り上昇の背景はいくつか考えられますが、最も分かりやすいのは米国トランプ次期大統領の選出に伴なうグローバルな利回り上昇です。ただし、中国ではトランプ次期大統領以外の次の要因に注目すべきと見ています。

まず、目に付くところでは中国のインフレ率上昇懸念です。

消費者物価指数(CPI)は前年同月比で足元2.3%と横ばいの動きですが、生産者物価指数(PPI)は上昇傾向で、今後のCPIへの波及も懸念されます。また人民元安傾向が続いていることもインフレ率上昇の懸念要因と見られ、例えば、横ばいのCPIも輸入価格の影響を受けやすい食料品価格を見ると前年同月比で4.0%となっており、生活実感はCPIが示唆する数字以上に悪化している可能性もあります。

2つ目は中国債券市場の取引に中国当局が懸念を強めているとの憶測です。中国債券市場では短期金利で資金調達し長期債券に投資するキャリー取引が盛んといわれています。しかしキャリー取引は調達と運用期間にミスマッチがあり、しばしば市場混乱の原因となっていることから当局はオペで資金を絞り、キャリー取引解消を促すとの憶測が見られます。16日に閉幕した中央経済工作会議でも金融市場の安定に向け踏み込んだ発言をしていることからも当局の姿勢はうかがい知れます。キャリー取引解消による債券の売り圧力も利回り上昇(価格は下落)の要因と見られます。また、中国当局がいわゆる理財商品への監督強化を目指している意向を示唆したことも債券にマイナス要因と見られます。

最後に、中堅証券会社の債務不履行(報道)による債券市場のセンチメントの悪化です。報道では国海証券が債券取引で売却先からの『暗黙の』買い戻しの合意を(恐らく、債券価格の下落を受け)履行しなかったと伝えられたことなどが債券市場のセンチメントを悪化させたと見られます。もっとも21日の報道では同証券は不履行を回避するとも伝えられています。それでも、同取引が行われていた背景は、当局のレバレッジ規制回避に使われていた模様で、どの程度かを推定するのは困難ですが、同様の取引解消が債券の売り要因になる可能性もあり、債券市場の下押し圧力に注意が必要と思われます。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


ページの先頭へ戻る