為替ヘッジについて | ピクテ投信投資顧問株式会社

為替ヘッジを再確認

為替リスクをおさえる「為替ヘッジ」について
運用会社が分かりやすく解説

Share

為替変動リスクってなに?

海外の株式や債券等に投資する際、通常はその国の通貨で投資することになります。そのため、株式や債券の値動き以外に為替レートの動きが投資の結果に影響してきます。この為替によるパフォーマンスの影響を為替変動リスクと言います。
例えば海外の株式や債券に投資する投資信託の場合、株式や債券の価格が変わらなくても円高になれば基準価額にマイナスの影響を与え、円安になればプラスの影響を与えます。

そして、為替ヘッジとは?

為替ヘッジとは、為替変動の影響を抑える仕組みのことです。為替ヘッジをすることにより、円高や円安の影響を抑えながら、海外の株式や債券に投資をすることができます。
為替ヘッジでは、将来交換する為替レートをあらかじめ予約する取引(為替先物予約)が行われます。ただし、この取引を行うと予約するための費用(為替ヘッジ・コスト)がかかる場合があります。

為替ヘッジを行う効果

  • 上記はイメージです。為替ヘッジ・コストは考慮していません。

為替ヘッジにかかる費用

為替ヘッジにかかる費用の参考となるのが、為替変動の影響を抑えたい外国通貨と日本円の短期金利の差です。
短期金利は日々変動しており、外国通貨の短期金利が日本円の短期金利より高いほど、為替ヘッジにかかる費用(為替ヘッジ・コスト)は高くなります。
一方、日本円の短期金利が外国通貨の短期金利より高い場合、その差は費用ではなく収益(為替ヘッジ・プレミアム)となり、パフォーマンスに上乗せされます。

  • 上記はイメージです。

どっちがいいの?
為替ヘッジありと為替ヘッジなし

ピクテの主な「為替ヘッジあり」
ファンド

他にも様々な為替ヘッジありの
ファンドがあります

一覧へ

ページの先頭へ戻る