日本最大(*1)の投資信託「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」 、設定から15年を目前に再び純資産総額1兆円に到達 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日本最大(*1)の投資信託「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」 、設定から15年を目前に再び純資産総額1兆円に到達

 ピクテ投信投資顧問株式会社ピクテ投信投資顧問株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 萩野 琢英)(以下、幣社)が運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(以下「当ファンド」または「グロイン」)は、2019年12月30日、純資産総額1兆円に到達しました。

 当ファンドは、主に世界の高配当利回りの公益株式(以下「高配当公益株」)に投資する毎月分配型ファンドとして、2005年2月28日に設定されました。その後、リーマン・ショックやユーロ危機など、世界的に経済が停滞した過酷な14年間を乗り越え、2020年2月には設定から15年の区切りを迎えます。

*1 日本最大:国内の公募追加型株式投資信託(株式型)を対象、DC、SMA、ETF除く、2019年12月現在(出所:モーニングスター)

1兆円到達の背景

1、市場けん引役の転換と、高利回りの稀少性

 2018年1月から9月の株価上昇局面において、世界の株式市場をけん引してきたのはIT関連(情報技術)株式などの「成長株」でした。その後、10月から12月にかけては、このIT関連株式をはじめ世界株式が大きく値崩れした一方、「資産株」の代表格といえる公益株式は底堅い動きを見せました。市場のけん引役が成長株から資産株に転換したことの示唆であったとも考えられます。

 加えて、主要先進国の国債利回りが、リーマン・ショック前と比べ大きく低下する中、世界高配当公益株式の高水準な配当利回りも、「資産株」が注目されるポイントの一つと考えられます。

《詳しく》資産株の時代

2、変わらぬ商品特性と、進化し続ける情報発信

 弊社ではどのような投資環境にあっても、「電気・ガス・水道といった、公益企業の業種の安定性と配当利回りの高さが、長期的な収益の獲得に寄与する」という商品特性を訴え続け、情報提供にも力を入れて参りました。また、販売会社の皆さまとともに運用状況の報告会を繰り返し実施し、同時に自社のウェブサイト拡充に努め、情報提供のデジタル化も促進しています。一方で、2017年10月からは、個人投資家を対象に投資環境を説明する無料セミナーを日本全国で随時開催するなど、さまざまな角度から情報発信を続けております。こうした活動もまた、投資家の皆さまからのご支持につながり、再び1兆円という純資産総額に至ったものと考えます。

14年を経てなお販売会社は増加傾向、過去1年間*2では10社が参加

 さらに、当ファンドは販売網の広さもその特徴のひとつです。2019年12月27日現在、北海道から沖縄に至るまで日本全国103社の金融機関(58行、45社)を通じて販売されています。この販売網の広さは、より多くの投資家がグロインと接する機会を増やす原動力となっており、潜在的なニーズの掘り起こしにもつながっていると考えられます。

*2: 2019年1月1日~2020年1月6日

30年ファンドを目指して-スイス創業214年、資産保全に努めるピクテの哲学を体現するファンド

 弊社代表取締役社長の萩野は、当ファンドの純資産総額1兆円回復に際し、次のように述べています。 「まずは、グロインを支えてくださる投資家の皆さまに深く御礼を申し上げます。弊社は、投資家に最善の利益を提供することを目指し、6つのアクション・プランを公表しております。その中のひとつ、『長期投資に値する投資信託の運営』として、30年ファンドの育成を掲げています。10年、20年単位で同じ顧客に向き合うという視点で考えると、マーケット下落時にこそ運用の真価が問われます。その時自信を持って勧められるのは、流動性があり、相対的にボラティリティが小さく、グローバルに分散投資されたポートフォリオだと考えます。安定した企業業績が期待できる世界の公益企業に分散投資をする当ファンドは、まさにそれに合致する投資対象であり、日本の投資家の皆さまに『資産』として長く保有していただけるファンドであると信じています。」

 ピクテはプライベートバンクとして1805年に誕生し、214年の経験を通じて多くのことを学んできました。この経験から、これからの時代は過度な収益を求めるのではなく、不透明な市場環境の中にあっても中長期的な視点で「資産保全」を図っていくことがますます重要になると考えます。
当ファンドは、まさにそういったピクテの哲学を体現するファンドのひとつであり、これからも日本の投資家の皆さまにグローバル分散投資の機会を提供して参ります。

以上

●お申込みにあたっては、投資リスク、手続・手数料、その他留意点等、交付目論見書等を必ずご確認の上ご自身でご判断ください。

資産株の代表格「世界の高配当利回りの公益企業株式」に投資するピクテのグロイン・シリーズ注1

 日本最大のファンドとして支持を集めるグロインは、為替ヘッジやフレックス戦略注2を取り入れたコースを用意するなど、多彩な投資機会を投資家の皆さまにご提供しています。


注1  ここでは、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)/(1年決算型)および各円コース、フレックス・コース、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドDCの総称を指します。
注2 フレックス戦略とは、市場環境に応じて株式の実質組入比率の変更を行うことや、為替変動リスクの低減を図る戦略をいいます。

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(毎月分配型)】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(1年決算型)】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(毎月分配型)円コース】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(1年決算型)円コース】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(毎月分配型)フレックス・コース】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
(1年決算型)フレックス・コース】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドDC】
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)特集ページ

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)円コース特集ページ

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)フレックスコース特集ページ

資産株の時代

高まるリアルアセットの存在感

【各種リンク】
ピクテ投信投資顧問ウェブサイト
YouTubeチャンネル公式サイト
Twitter公式アカウント
Facebook公式

●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社にお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る