日経ヴェリタス2016年3月6月号に「日本の投信迫られるコスト改革、『聖域』の信託報酬は二極化へ」および「アクティブ型投信値下げの波‐ピクテに続き日興アセット、販売手数料をゼロに」という記事が掲載されました。 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日経ヴェリタス2016年3月6月号に「日本の投信迫られるコスト改革、『聖域』の信託報酬は二極化へ」および「アクティブ型投信値下げの波‐ピクテに続き日興アセット、販売手数料をゼロに」という記事が掲載されました。

記事は、日本と米国の投資信託のコスト差に関する問題に触れ、アクティブ型投信の信託報酬の引き下げに踏み込む米国のような流れが、日本にもやっと持ち込まれたと述べています。また、アクティブ型投信で、販売手数料をゼロにする動きが広がっており、2月の弊社による3本の新商品設定(iTrustシリーズ)に続き、販売手数料ゼロの新商品投入が続いていると記載されています。

【iTrust世界株式】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

【iTrustバイオ】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

【iTrustロボ】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

※上記3ファンドに関わる収益分配金に関する注意事項


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る