日本証券新聞2016年3月24日(1面)に、「『借り手優位』の時代へ-バリュエーションモデル再構築も-富裕層が儲かる背景とは!?-ピクテ投信投資顧問、萩野琢英社長語る」という記事が掲載されました。 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日本証券新聞2016年3月24日(1面)に、「『借り手優位』の時代へ-バリュエーションモデル再構築も-富裕層が儲かる背景とは!?-ピクテ投信投資顧問、萩野琢英社長語る」という記事が掲載されました。

記事では、弊社社長の萩野によるプレゼンテーション「マイナス金利下の資産運用」の内容が紹介されています。従来のバリュエーションモデルが機能しなくなってきている現状や、相対パフォーマンスの基調変化により有形固定資産を保有し負債が多い銘柄に注目が集まるなど、「借り手優位」の時代を前提とした資産運用の考え方が必要となることについて書かれています。

» 記事はこちら (PDF)

※版権利用申請済み


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る