日本経済新聞電子版および日本経済新聞夕刊(2面)、NIKKEI STYLEマネー研究所2016年3月25日付に、「積極運用でも低コスト 投信『第3勢力』の勢力」という記事が掲載されました。 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日本経済新聞電子版および日本経済新聞夕刊(2面)、NIKKEI STYLEマネー研究所2016年3月25日付に、「積極運用でも低コスト 投信『第3勢力』の勢力」という記事が掲載されました。

記事では、「iTrustシリーズ」のような「低コストのアクティブ型投信」を投資家の新たな選択肢として紹介しています。これに対し弊社社長の萩野は、「アクティブ投信のアルファ(平均を上回る力)は確実に存在する。それが打ち消されてしまわないように、ネットを最大限活用することで思い切ってコストを引き下げた」とコメントしています。

※出典:日本経済新聞社および日経BP社が運営する「NIKKEI STYLE」マネー研究所(2016年3月28日引用)
» 記事はこちら

※お申込みにあたっては、投資リスク、手続・手数料、その他留意点等、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。

【iTrustスペシャル・ページ】

【iTrust世界株式】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

【iTrustバイオ】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

【iTrustロボ】
ファンドの詳細(目論見書含む)
リスク
手続・手数料等

※上記3ファンドに関わる収益分配金に関する注意事項


●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る