日本証券新聞(2018年5月24日 14面)、『ファンド情報-ピクテ投信投資顧問 萩野琢英社長が語る「Wealth Trust」シ リーズ-後編「ピクテ・ダイナミック・アロケーション・ファンド愛称:アルテ』において、弊社代表取締役社長萩野の 記事が掲載されました。 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日本証券新聞(2018年5月24日 14面)、『ファンド情報-ピクテ投信投資顧問 萩野琢英社長が語る「Wealth Trust」シ リーズ-後編「ピクテ・ダイナミック・アロケーション・ファンド愛称:アルテ』において、弊社代表取締役社長萩野の 記事が掲載されました。

記事ではピクテが世界の富裕層にも提供している運用戦略を日本の投資家に向けカスタマイズした、資産保全のための本格的な運用商品「Wealth Trust(ウェルス・トラスト)」シリーズの「クアトロ」と「アルテ」の有用性について述べています。異なるマルチアセット・アロケーション戦略である両ファンドを組み合わせることで、より効果的にリスクを抑え、資産保全にふさわしいパフォーマンスが期待できるということに加え、個人が自分で債券や株式を持ってリバランスすると税金面での負担も大きいが、そういったコストの低減効果が望めると語っています。

» 記事はこちら

 

※日本證券新聞社「日本證券新聞社」より同社の許諾を得て使用。
※著作権利用申請済

【Wealth Trustサイト】
https://www.pictet.co.jp/wealthmanagement/wealth-trust

【アルテ特集ページ】
https://www.pictet.co.jp/Individual/GeneralDetail/arte
【クアトロ特集ページ】
https://www.pictet.co.jp/Individual/GeneralDetail/quattro


●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る