パトロネージュ | ピクテ投信投資顧問株式会社

パトロネージュ

 

2015-2017ピクテ・パトロネージュ・プロジェクトを終えて

ヴァイオリニストの滝千春さんは、2015年より2017年までの3年間、パトロネージュ・アーティストとしてピクテがはじめてお付き合いさせていただいた音楽家です。この、パトロネージュ・プロジェクト、という試み自体がはじめてのこともあり、試行錯誤を重ねた3年でした。

スイス、ジュネーブの本社のピクテ銀行では、古くから若いアーティスト、またオーケストラを支援するといった活動に力を入れており、日本でも、いつかはこのようなパトロネージュ活動をしてみたいと思っており、2015年にようやくこのプロジェクトが開始しました。

パトロネージュといっても、資金やホールまたは楽器を提供するということではなく、社員全員が一丸となってアーティストを応援するような、手作り感のある活動を望んでいました。この活動にかかわることで音楽のすばらしさを知ること、そしてその音を奏でるアーティストを直接応援したい、という気持ちが強くありました。

コンサート開催のチラシから、告知動画の製作はもちろん、当日は司会、お客様の誘導や後片付けといったことも私たちで行い、それによって、私たち自身が得たものも多くあるように思います。

滝さんとのパトロネージュ・プロジェクトは今回で一旦終了となります。この3年間で滝さんはさらに成長され魅力的なヴァイオリニストとなり、次のステップに入ったように思います。これからは更なる滝さんのご活躍をお祈りしつつ、陰ながら応援していく所存です。

ピクテではサステナビリティ-持続可能性-を重んじる文化があります。すべてのことにおいて10年、20年といった長い期間で物事を考え、行動します。これは日本でも同様です。2018年もピクテ・パトロネージュ・プロジェクトは続きます。詳細は弊社ウェブサイトにてご案内いたしますので、引き続き当プロジェクトを応援いただければ幸いに存じます。

 

ピクテ・パトロネージュ・プロジェクトとは

世界を舞台に芸術活動に励む、日本の若きアーティストを応援する活動が「ピクテ・パトロネージュ・プロジェクト」です。 「パトロネージュ」というと、資金的支援のイメージが先行しますが、私たちのパトロネージュ・プロジェクトは社員1人1人がパトロンとしてどのように文化や社会に貢献できるかという点に重きを置き、創意工夫ある心のこもった活動を通じてアーティストを応援することを目指しています。 また、弊社に大切なご資金を託してくださっている投資家の皆さまも間接的にパトロンであることを念頭に、だからこそ問われる真摯な応援スタイルを目指します。

パトロネージュ・ブログ

ブログ

世界を舞台に芸術活動に励む、日本の若きアーティストを応援する活動が「ピクテ・パトロネージュ・プロジェクト」です。
活動の内容をご紹介いたします。

ページの先頭へ戻る