Prix Pictet 2008-2018

Share

未来への希望
– Hope for the future –

2008年の金融危機の最中、サステナビリティ(持続可能性)をテーマにした写真賞、Prix Pictetを立ち上げるということが、正しいことなのか疑問を持ちました。世界の金融システムの根幹が脅威にさらされていたのですから。

Prix Pictetの立ち上げ後、サステナビリティ –特に環境におけるサステナビリティ– は21世紀において人類が直面する大きな課題になっています。また金融危機以降は、単に利益を生み出すだけではなく、より幅広い責任を担う必要性に私たち自身が気づくことが重要でした。お客様、社会、そして私たちが働き生活を営むより広い世界に対する責任です。

Prix Pictetの開始から10年がたちます。この10年はスマートフォンの時代で写真はほとんどの人に選好される表現手段となりました。そして写真は今までになくアートとして認識されつつあります。加えてPrix Pictetは記録写真やフォトジャーナリズムと概念や芸術写真の間にある間違ったバリアを打ち砕くことに一役買っていると評価する人もいます。

私たちはパートナーとしてピクテの名の下にこれまで達成してきたPrix Pictetの成果を誇りに思っています。一方でサステナビリティの問題はこれまで以上に深刻だということも認識しています。2019年の8回目は「希望」をテーマとし、引き続き責務を果たしてまいります。

多くの類まれな才能ある写真家たちの参加、そして立ち上げ当初から無償で提供された世界中の人々や機関・団体による善意や実践的なアドバイスまたは具体的な支援がなければ、何も成し遂げることはできなかったでしょう。ここで名を挙げるにはその数は多すぎ、その皆様の貢献に関しては2018年刊行の「ten」にて彼らの貢献に祝意を述べさせていただきました(8-9ページ)。

新たな決意、新たなアイデアそして次の10年への希望を抱きPrix Pictetを引き続き推進する所存です。

ピクテ・グループのパートナーを代表して
ニコラ・ピクテ(Nicolas Pictet)
2018年刊行のPrix Pictet 10周年を記念した写真集「ten」より

世界41都市で開催された93の展覧会
– 93 Exhibitions in 41 Cities Worldwide –

water
パリ / ドバイ / テッサロニキ / ロンドン / 香港 / アイントホーフェン / ドレスデン
earth
パリ / テッサロニキ / ドバイ / アイントホーフェン / ダブリン / ロンドン / ボン / モスクワ / ベルリン / ミラノ / マドリード / ニューデリー
growth
パリ / テッサロニキ / チューリッヒ / ミラノ / デュッセルドルフ/ マドリード / ワシントンDC / ダブリン / ベイルート / アイントホーフェン / 香港
power
ロンドン / ミュンヘン / パリ / ブダペスト / イスタンブール / ダブリン / アムステルダム / ベイルート / テッサロニキ / チューリッヒ / テルアビブ / ニューヨーク / サンディエゴ
consumption
ロンドン / バルセロナ / テッサロニキ / トリノ / チューリッヒ / リュクセンブルグ / ミュンヘン / メキシコシティー / ドバイ / ブリュッセル / ダブリン / ベイルート / 東京
disorder
パリ / ロンドン / ローマ / ブリュッセル / ジュネーブ / チューリッヒ / アテネ / 東京 / ダブリン / ハンブルグ / サンディエゴ / バルセロナ
space
ロンドン / チューリッヒ / ルッカ / 東京 / モスクワ / シュトゥットガルト / メキシコシティー / トリノ / ブリュッセル / ローザンヌ / イスタンブール / ニューヨーク / ダブリン
laureates
ローザンヌ / サンディエゴ / アルル / モスクワ
commissions
ドレスデン / ボン / ジュネーブ / ロシニエール / ロンドン
water
Paris — Dubai — Thessaloniki — London — Hong Kong — Eindhoven — Dresden
earth
Paris — Thessaloniki — Dubai — Eindhoven — Dublin — London — Bonn — Moscow — Berlin — Milan — Madrid — New Delhi
growth
Paris — Thessaloniki — Zurich — Milan — Dusseldorf — Madrid — Washington D.C. — Dublin — Beirut — Eindhoven — Hong Kong
power
London — Munich — Paris — Budapest — Istanbul — Dublin — Amsterdam — Beirut – Thessaloniki — Zurich – Tel Aviv — New York — San Diego
consumption
London — Barcelona — Thessaloniki — Turin — Zurich — Luxembourg — Munich — Mexico City — Dubai — Brussels — Dublin — Beirut — Tokyo
disorder
Paris — London — Rome — Brussels — Geneva — Zurich — Athens — Tokyo — Dublin — Hamburg — San Diego — Barcelona
space
London — Zurich — Lucca — Tokyo — Moscow — Stuttgart — Mexico City — Turin — Brussels — Lausanne — Istanbul — New York — Dublin
laureates
Lausanne — San Diego — Arles — Moscow
commissions
Dresden — Bonn — Geneva — Rossinière — London

ピクテの10年 “写真の世界における爆発”

プリピクテは、サステナビリティに関する世界屈指の写真賞です。この賞は、写真の力によって社会や環境に対する国際的な関心を向けることを目的としています。

2008年にピクテグループによって創設されたプリピクテには、これまで7回のサイクルがあり、毎回ある一つのテーマが設けられます。現在巡回中のサイクルのテーマは「Space(宇宙・空間)」です。ロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館で開催された表彰式では、プリピクテ前名誉会長のコフィ・アナン氏によって第7回目のプリピクテの受賞者はアイルランド出身の写真家、リチャード・モスに授与されることが発表されました。

過去6回のこれまでの受賞者は、ベノー・アキン「Water(水)」、ナダフ・カンダー「Earth(地球)」、ミッチ・エプスタイン「Growth(成長)」、リュック・ドゥラエ「Power(パワー)」、マイケル・シュミット「Consumption(消費)」、ヴァレリー・ベラン「Disorder(混乱)」です。第8回目のテーマは「Hope(希望)」で、受賞者には100,000スイスフラン(約1,100万円)が授与されます。

第7回目のプリピクテにはおよそ4,200名の写真家のノミネートがあり、40都市で90を超える展覧会が開催されました。それらの展覧会には延べ50万人近い人々が訪れています。今後のプリピクテの展覧会に関する情報や資料はプリピクテのソーシャルメディア及び、ウェブサイトprixpictet.comをご覧下さい。


各サイクルでは、毎回賞に関連する場所にちなんだ銀細工のトロフィーがヴィッキーアンベリースミス社によってデザインされ、セレモニーで受賞者に手渡されます。

The Prix Pictet decade “An eruption in the world of photography”

The Prix Pictet is the world’s leading prize for photography and sustainability. It aims to harness the power of photography to draw global attention to issues of society and the environment.

Founded by the Pictet Group in 2008, the Prix Pictet is now in its seventh cycle. Each cycle of the award has a specific theme. The theme for the current cycle of the Prix Pictet is Space and in a ceremony at the Victoria and Albert Museum in London, Kofi Annan, Honorary President of the Prix Pictet, announced that the Seventh Prix Pictet had been awarded to the Irish photographer Richard Mosse.

The six previous laureates are Benoît Aquin (Water), Nadav Kander (Earth), Mitch Epstein (Growth), Luc Delahaye (Power), Michael Schmidt (Consumption) and Valérie Belin (Disorder). The winner of the prize receives 100,000 Swiss francs.

In its first six cycles the Prix Pictet has received over 3,500 nominations and staged over 70 exhibitions in 35 cities. To date some 500,000 people have visited Prix Pictet exhibitions. For further exhibition materials and resources follow Prix Pictet’s social media or visit prixpictet.com


For each Prix Pictet cycle, a bespoke trophy, inspired by a location associated with the prize, was designed and made by silversmith Vicki Ambery-Smith and presented to the winner at the award ceremony

2008

ベノワ・アキン、モーターサイクル、2006 シリーズ:中国の黄塵地帯
Benoit Aquin, The Motorcycle, 2006. Series: The Chinese Dust Bowl

第1回Prix Pictet開催
テーマ〈水〉

コフィ・アナン氏が名誉会長に就任

フィナンシャル・タイムズがグローバル・メディア・パートナーとなる

パリのパレ・ド・トーキョーにてPrix Pictet展覧会開催

ベノワ・アキンの「The Chinese Dust Bowl(中国の黄塵地帯)」が初回の最優秀賞を受賞

teNeuesが最初のPrix Pictetの写真集を出版

マイケル・フリードが『Why Photography Matters as Art as Never Before』(「なぜ写真は今かつてないほど重要なのか」)を出版

デジタルイメージにおけるテクノロジーの台頭をうけて、ポラロイド社がすべてのインスタントカメラの製造を中止

Launch of the first
Prix Pictet – theme Water

Kofi Annan appointed President

The Financial Times becomes global media partner

Prix Pictet awards exhibition at Palais de Tokyo, Paris

Benoit Aquin’s The Chinese Dust Bowl wins inaugural award

teNeues publishes first Prix Pictet book

Michael Fried publishes seminal Why Photography Matters as Art as Never Before

Polaroid discontinues the production of all instant film products, citing the rise of digital imaging technology

2009

ナダフ・カンダー、重慶 IV(サンデーピクニック)、2006 シリーズ:長い川
Nadav Kander, Chongqing IV(Sunday Picnic), 2006. Series: Yangtze, The Long River

ムネム・ワシフが第1回Prix Pictetの委託作品を完成(バングラデシュ)

ナダフ・カンダーが「The Long River(長い川)」でPrix Pictet〈地球〉最優秀賞を受賞

第40回アルル国際写真フェスティバルの一環として最終候補作品の展示が初開催

エジンバラ、テッサロニキ、香港、ドバイにて、初のPrix Pictet巡回展が開催

テート・ギャラリーが、サイモン・ベイカーを初の写真キュレーターとして任命

コダックがコダクロームの生産を中止

Munem Wasif completes first Prix Pictet Commission (Bangladesh)

Nadav Kander wins Prix Pictet Earth for his series Yangtze, The Long River

First shortlist presentation as part of 40th edition of Les Rencontres d’Arles

First Prix Pictet touring exhibitions in Eindhoven, Thessaloniki, Hong Kong and Dubai

Tate appoints Simon Baker, its first photography curator

Kodak drops Kodachrome film

2010

エド・カシが第2回Prix Pictetの委託作品を完成
(マダガスカル)

ロシアとインドでPrix Pictet展覧会が初開催

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館が「Shadow Catchers:Camera-less Photography」展を開催

インスタグラムが創設

カメラ付きの携帯電話を使用する人口が10億人を超える

Ed Kashi completes second Prix Pictet Commission (Madagascar)

First Prix Pictet exhibitions in Russia and India

Victoria and Albert Museum, London presents groundbreaking exhibition Shadow Catchers: Camera-less Photography

Instagram launches

The global population of camera phones exceeds a billion

2011

ミッチ・エプステイン、アモス石炭火力発電所、レイモンド、ウェストバージニア2004 シリーズ:アメリカンパワー
Mitch Epstein, Amos Coal Power Plant, Raymond City, West Virginia 2004. Series: American Power

ミッチ・エプスタインの「アメリカン・パワー」がPrix Pictet〈成長〉の最優秀賞を受賞

ロンドンのホワイトチャペル・ギャラリーとのコラボレーション、連続企画の写真についてのディスカッションが始まる

ニューヨークのクリスティーズにて、アンドレアス・グルスキーの「Rhein II(ライン川Ⅱ)」が430万米ドルで落札、オークション史上、写真につけられた金額として最高額

Mitch Epstein’s American Power wins Prix Pictet Growth

Collaboration with Whitechapel Gallery, London begins with a series of conversations on photography

Christie’s New York sells Andreas Gurksy’s photograph Rhein II for $4.3 million, the most expensive photograph ever sold at auction

2012

ルック・ドライエ、強奪者、2010年1月17日、ポルトープランス、ハイチ
Luc Delahaye, Les Pillards, 17 January 2010, Port-au-Price, Haiti.

クリス・ジョーダンが第3回Prix Pictetの委託作品を完成(ケニヤ)

サーチ・ギャラリーがロンドンで初のPrix Pictet展覧会を開催

ルック・ドラエがPrix Pictet〈権力〉の最優秀賞を受賞

アメリカとレバノンでPrix Pictet展覧会が初開催

ロンドンのフォトグラファーズギャラリーが新しいスペースとしてリニューアル

携帯電話で撮影された写真の数がカメラで撮影された写真の数を超える

Chris Jordan completes third Prix Pictet Commission (Kenya)

Saatchi Gallery stages first Prix Pictet awards exhibition in London

Luc Delahaye wins Prix Pictet Power

First Prix Pictet exhibitions in USA and Lebanon

Photographers’ Gallery, London reopens in a new purpose-designed space

Annual number of mobile phone photographs exceeds those created with cameras

2013

Prix Pictetがロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館と、パリ市立近代美術館とパートナーシップを組むことを発表

サイモン・ノーフォークが第4回Prix Pictetの委託作品を完成
(アフガニスタン)

トルコとイスラエルでPrix Pictet展覧会が初開催

戦後開催された展覧会で、1,000万人以上の動員数があった「ファミリー・オブ・マン」展が、修復されたルクセンブルクのクレルヴォー城で再び開催される

ロンドンの科学博物館にメディア・スペースがオープン

オックスフォード辞典の「ワード・オブ・ザ・イヤー(今年の言葉)」は「セルフィー」

セバスチャン・サルガドの「Genesis」がロンドンの自然史博物館で開催

Prix Pictet announces historic partnership with Victoria and Albert Museum, London and Musée d’Art moderne de la Ville de Paris

Simon Norfolk completes fourth Prix Pictet Commission
(Afghanistan)

First Prix Pictet exhibitions in Turkey and Israel

The Family of Man, a ground-breaking post-war exhibition seen by more than 10 million people, reopens in the restored Château Clervaux, Luxembourg

Media Space opens at the Science Museum, London

Oxford Dictionaries Word of the Year is ‘selfie’

Sebastião Salgado’s Genesis opens at the Natural History Museum, London

2014

マイケル・シュミット、食品、2006–10 シリーズ:食品
Michael Schmidt, Lebensmittel, 2006-10. Series: Lebensmittel

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にて最初のPrix Pictet展覧会が開催

マイケル・シュミット「Lebensmittel(食品)」がPrix Pictet〈消費〉
最優秀賞を受賞

コロンビアの写真家、フアン・フェルナンド・エランによる最後の委託作品が受賞

アルル国際フォトフェスティバルがPrix Pictet受賞者の展覧会を初開催

メキシコシティの国立美術館で開催
されたPrix Pictet〈消費〉の来場者が10万人以上を記録

ルイ・ダゲールとウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが写真を発明してから175年

サンフランシスコ近代美術館が写真部門を大幅に拡大

LUMA財団のフランク・ゲーリーの建物がアルルにて着工

ピーター・リックの「ファントム」が650万米ドルで個人のバイヤーに売却

First Prix Pictet awards exhibition at Victoria and Albert Museum, London

Michael Schmidt’s Lebensmittel wins Prix Pictet Consumption

Juan Fernando Herrán awarded final Prix Pictet Commission (Colombia)

Les Rencontres d’Arles stages first Prix Pictet Laureates exhibition

Prix Pictet Consumption at the National Museum of Art, Mexico City attracts a record audience of over
100,000

175th anniversary of the invention of photography by Daguerre and, separately, Fox Talbot

SFMOMA makes major expansion of photography section

The LUMA Foundation’s Frank Gehry building breaks ground in Arles

Peter Lik’s Phantom photo sells for $6.5 million to a private buyer

2015

ヴァレリー・ベラン、静物と鏡、2014 シリーズ:静物と鏡
Valérie Belin, Still life with mirror, 2014. Series: Still Life

パリ市立近代美術館にてPrix Pictet展覧会が初開催

ヴァレリー・ベランが「Still Life」シリーズでPrix Pictet〈混乱〉
最優秀賞を受賞

東京でPrix Pictet展覧会が初開催

サマーセット・ハウスにて、フォト・ロンドンが創設

「アンセル・アダムス法」がアメリカ市民が公共の場で写真を撮影することに関して保証された法的権利を復活させる

セバスチャン・サルガドがフォト・ロンドンのマスター・オブ・フォトグラフィーを受賞

First awards exhibition at Musée d’Art moderne de la Ville de Paris

Valérie Belin wins Prix Pictet Disorder for her series Still Life

First Prix Pictet exhibition in Japan (Tokyo)

Photo London launches at Somerset House

The Ansel Adams Act restores the constitutional rights of American citizens to take photographs in public spaces

Sebastião Salgado awarded Photo London’s first Master of Photography

2016

菊地智子の「The River」シリーズが第1回Prix Pictet Japan Awardを受賞

Prix Pictet受賞者の作品がモスクワで展示

Prix Pictet〈混乱〉がロンドンのサマーセット・ハウスで開催

英国王立写真協会(RPS)のコレクションがブラッドフォードの国立メディア博物館から、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館へと移管され、世界で最も重要なコレクションの一つとなる

ドン・マッカランがフォト・ロンドンのマスター・オブ・フォトグラフィーを受賞

Tomoko Kikuchi’s series The River wins first Prix Pictet Japan Award

Works of the Prix Pictet Laureates exhibited in Moscow

Prix Pictet Disorder at Somerset House, London

Collection of Royal Photographic Society (RPS) is transferred from National Science and Media Museum, Bradford to Victoria and Albert Museum, London and becomes one of the most significant holdings in the world

Don McCullin awarded Photo London Master of Photography

2017

リチャード・モス(部分写真)、イドメニ、2016 シリーズ:ヒートマップ
Detail of Richard Mosse, Idomeni, 2016. Series: Heat Maps

リチャード・モスが「ヒート・マップ」シリーズでPrix Pictet〈宇宙・空間〉の最優秀賞を受賞

志賀理江子の「ブラインド・デート」が第2回Prix Pictet Japan Awardを受賞

パリフォトが20周年を記念「ナショナル・ジオグラフィック」誌が130周年を記念

タリン・サイモンが第3回フォト・ロンドンのマスター・オブ・フォトグラフィーを受賞

Richard Mosse wins Prix Pictet Space for his series Heat Maps

Lieko Shiga’s series Blind Date wins second Prix Pictet Japan Award

Paris Photo celebrates its 20th anniversary 130 years of National Geographic Magazine

Growth shortlister Taryn Simon awarded third Photo London Master of Photography

2018

アルル写真国際フェスティバルが第2回Prix Pictet受賞者の展覧会を開催

第8回Prix PictetのテーマがHope〈希望〉であることがアルルで発表される

ロンドンのヘイワード・ギャラリーがイギリス初のアンドレアス・グルスキーの回顧展とともに営業再開

ヴィクトリア&アルバート博物館が写真センターをオープンする

エドワード・バーティンスキーが第4回フォト・ロンドンのマスター・オブ・フォトグラフィーを受賞

中森 康文氏がテート・ギャラリーの写真部門シニア・キュレーターに就任

Les Rencontres d’Arles stages second Laureates exhibition

Eighth theme of Prix Pictet Hope is announced in Arles

Hayward Gallery, London reopens with first major UK retrospective of Andreas Gursky

Victoria and Albert Museum, London opens its Photography Centre

Edward Burtynsky is awarded the fourth Photo London Master of Photography

Dr Yasufumi Nakamori is appointed senior curator of photography at Tate

Prix Pictet — 10-year Anniversary