interview 2

菊地智子

Tomoko Kikuchi

第1回Prix Pictet Japan Award(2015)
受賞

Share

1分動画Artist Interview

 

「The river」 は世界有数の大河を舞台に現代社会における死生観を問う作品です。

経済発展のために破壊された自然、そこに生きるために、現地に住む漁⺠や農⺠、放牧⺠がやむおえずゴミや死体を回収して生きる姿、河に流れ着いた、生きる意味を見失って死を選んだ人たち。これら三角関係を通して、現代社会における「生」の光と影を探索するために数千キロの旅に出ました。

©︎Tomoko Kikuchi The River

近代化・経済発展で失われたもの

河の流域の姿は十数年前とは全く様変わりしていました。何千キロと回った川沿いの村や町の多くは、水力発電ダムの開発で自然は破壊され、それまであった美しい村は消え、数千年続いた農業や漁業や放牧を中心とした人々の生活の営みや、宗教、人と人との関係は、河の下に沈んで消失してしまったかのようでした。

数千年の文化や太古からの自然が経済発展のためにたったの十数年で消失していく様子は、人類がまるで自然の限界に挑戦している姿のようでした。

近代化と経済発展は人と土地、人と自然、さらには人と人の関係を根本から変えてしまったかのようでした。

破壊された自然の中で、やむを得ない仕事をせざるを得ない人々の姿は競争社会の中で生きていくために、感情を押し殺し、麻痺させ、焦燥感を募らせる今のグローバル化した世界に生きる私たち一人一人の姿と重なります。

そして死を選んだ人々と接しながらその表情から私が発見したのは、現代を生きる人々が失いつつある人間の尊厳でした。

2018年12月12日
代官山 ヒルサイドフォーラムにてインタビュー

©︎Tomoko Kikuchi The River

菊地智子 / Tomoko Kikuchi

菊地智子 / Tomoko Kikuchi
第1回Prix Pictet Japan Award(2015)受賞

第38回木村伊兵衛賞、第1回プリピクテ ジャパンアワード受賞者。
第38回木村伊兵衛賞受賞展(2013年)での個展を始め、様々なグループ展等で国際的に作品を発表し続けている。
主な展示にExit from paradise(Sumerset House、ロンドン、2018年) Sequenza Sismica(Fondazione Modena Arti Visive、イタリア2017年)ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界(森美術館、名古屋市美術館、沖縄県立美術館、高知県立美術館、2014-2015年)、日本の新進作家展 Vol. 11「この世界とわたしのどこか」(東京都写真美術館、2012-2013年)等。主な作品収蔵先に東京都写真美術館、森美術館、川崎市民ミュージアム、Fondazione Modena Arti Visive(イタリア)がある。The Riverは2013年度マグナムファンデーションのEmergency fundの助成を受けたプロジェクトである。

Prix Pictet Japan Award プリピクテ ジャパンアワード