自然言語生成(NLG)

言葉の力

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

自然言語生成(NLG)は、デジタルの世界における重要な成長分野であり、ソーシャルEコマースをはじめとする、さまざまな業界で活用される可能性があります。



この記事は人間が書いたものです。しかし、あなたが昨日の通勤時に見たあの面白い広告は、もしかしたら機械が作ったものかもしれません。そしてそれらの広告は、自然言語生成(NLG:Natural Language Generation)革命の始まりに過ぎません。




人工知能(AI)の発達と共に、自然言語生成(NLG)の技術が進化し、機械が高レベル・高品質の文章を短時間で作成することが可能になりました。今やその進化によって、機械が作った文章と人間の文章との区別が難しいほどです。

自然言語生成(NLG)は、自然言語理解(NLU:Natural Language Understanding)と並んで、本質的には自然言語処理(NLP:Natural Language Processing)を構成する要素であり、音声や文章のバラバラのデータを、系統だったものに変換することに焦点を当てています。自然言語理解(NLU)が文脈、意味、構文を分析して文章を理解することに重点を置いているのに対し、自然言語生成(NLG)は系統だったデータを人間にとって理解しやすい形で説明することを目的としています。初期の応用例としては、1990年代に、一連のデータから簡単な文章を作り出し、天気予報を作成するというものがありました。


その後、自然言語生成(NLG)は、スポーツの試合のスコアや統計情報を伝えたり、企業の決算報告書から見出しに取り上げられそうな数字をピックアップするなど、簡単なニュースや報道に利用されるようになりました。このように、自然言語生成(NLG)の活用範囲は拡大し続けており、分野や業界を超えた応用が可能なため、成長の可能性や投資機会の拡大につながっています。



個々人向けの最適化(ハイパー・パーソナライゼーション)

まず第一に、自然言語生成(NLG)はソーシャルEコマース(ソーシャルメディア × Eコマースで商品の販促を行う販売の仕組み)における、重要な破壊的技術となる可能性があります。ブランドやインフルエンサーは、より多くのコンテンツを提供するために、さらには、自動応答やチャットボット(チャットとロボットの造語でテキストや音声での自動会話プログラム)を通じてソーシャルメディアでファンやフォロワーとの対話を深めるために、自動コンテンツ生成モデルへの依存度をより高めていくでしょう。自然言語生成(NLG)は、コンテンツを最適化し、リアルタイムのエンゲージメントを高めることで、デジタルプラットフォームにおける個々人向けの最適化(ハイパー・パーソナライゼーション)体験の実現を支援します。

また、ビジネスにおける分析や意思決定の過程においても、データをテキストファイルや文章、図表などに変換し、より容易にアクセスや解釈を可能にするために、自然言語生成(NLG)が重要な役割を果たすと考えられています。自然言語生成(NLG)なら、新しい事業報告書のデータが送られてきた時も、即座に文章や画像を自動で更新し、経営陣向けに、(例えば販促キャンペーンについての)最新情報を毎週更新することが可能なうえ、現状の数字を計画段階や過去のものと比較することもできます。

自然言語生成(NLG)が活躍するもう一つの業界は、マーケティングです。すでに最新のソフトウェアでは、高度なテキストマイニング(有益な情報を取り出すこと)と自然言語生成(NLG)技術を駆使し、マーケティングキャンペーンやそれらの過去の好事例を利用して、新しい広告、ウェブページ、ブログ、ソーシャルメディアへの投稿に効果的なコンテンツを開発することができます。例えば、フロリダのプロバスケットボールチームであるオーランド・マジックは、このソフトウェアを使ってファンに個別のメッセージを作成し、チームへの応援意欲を高めています。

自然言語生成(NLG)技術のユーザーは増え続けており、その業種もますます多岐にわたっています。その中には、米国の老舗新聞社であるThe New York Times社、ペットフードや医薬品のサプライヤーであるPetCareRx社、エナジードリンクのブランドであるRed Bull社、小売業のTed Baker社などが含まれています。個々の顧客に合わせたマーケティングが行われるようになると、コンテンツの量が増えることで、テクノロジーが活躍する局面がますます増加します。その結果、より多くのデータが生成され、ソフトウェアをさらに改良することができるようになります。世界のコンテンツマーケティング市場は、2025年までに4,180億米ドルに達すると予測されており、年平均成長率は約16%と、ビジネスの可能性は非常に大きいと言えます1

業界の専門家によると、最短で3年以内には、広告やマーケティングコピーに自然言語生成(NLG)が大量に採用される可能性があります。また、簡単な記事や要約、説明文、ウェブサイトの基本的なコンテンツなど、従来の出版物のフロントエンド部分にも自然言語生成(NLG)が普及する可能性があります。

一方、カスタマーサービスでは、特に簡単な問題については、チャットボット機能を大幅に改善する余地があります。自然言語処理(NLP)と自然言語理解(NLU)は問い合わせ内容の処理と理解に、自然言語生成(NLG)は回答の作成に使用することができます。

イギリスの文学賞である「ブッカー賞」を受賞するには、まだ数年かかるかもしれませんが、機械は間違いなく私たちの言語を習得しつつあり、その過程で、私たちの生活をより快適で合理的にしてくれることでしょう。

 

 [1] "Global Content Marketing Market 2021-2025", Reportlinker.com




本ページは2022年2月にピクテ・アセット・マネジメントが作成した記事をピクテ投信投資顧問株式会社が翻訳・編集したものです。




関連する投資テーマ



もっと知りたいメガトレンド|最新の記事


魔法が解けた「永遠の 」化学物質

次なるロボット革命-ユーザーのもとに届けるために




●当資料はピクテ・グループの海外拠点からの情報提供に基づき、ピクテ投信投資顧問株式会社が翻訳・編集し、作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら