サステナブルな建築と土を使わない農業

世界初の超高層農園タワー「farm-scraper」

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

世界初の「farm-scraper(ファームスクレーパー)」と呼ばれる高層ビルは、垂直農法の新たな可能性を開きます。




約44億人が都市に住み、その人数は日々増え続けています。ただ、これほど多くの人々が暮らすには問題があります。従来の建築は環境を破壊し、スペースはますます貴重になっています。拡大する都市人口に、持続可能な方法で栄養豊富な食料を供給することは、ほぼ間違いなく、さらに大きな課題です。

一つの解決策は、都市自体がより多くの食料を自給することです。そうすれば、フードマイレージ(食料の輸送量に輸送距離を掛け合わせた指標)を減らし、都市の二酸化炭素排出量を減少させることにつながります。しかし、そのためには、都市をこれ以上混雑させることなく、農地を増やす方法を見つけなければなりません。

「屋上庭園は世界中にあります。しかし、問題はその規模が非常に小さいことです。あれでは一家族分の食料をまかなうのが精一杯でしょう」CRA(Carlo Ratti Associati)の共同創立者であり、MIT(マサチューセッツ工科大学)Senseable City Labのディレクターでもあるカルロ・ラッティ氏は言います。「水耕栽培の新たな変化に注目し、それを建物の環境に統合して、実際に大量生産を可能にする方法はないのでしょうか?」


これに挑戦しているのがは、CRAが中国南部の深圳市に建設したJian Mu Towerという最新プロジェクトです。218メートル、51階建てのこのタワーは、約1万平方メートルの食料生産スペースを提供し「垂直農法」という言葉に全く新しい意味を与えました。


世界初の「farm-scraper」と呼ばれるこのビルは、年間27万kgの新鮮な青果などを生産するよう設計されています。果物、野菜、ハーブ、サラダ菜などの栽培には、「エアロポニックス」と呼ばれる土を使わない先進的な農法が用いられます。植物の根は空気中に浮遊しており、十分な酸素が確保されています。水分や栄養分は細かい霧状で噴射され、その量はAIがサポートする「バーチャル農学者」を使って簡単に最適化できます。

この農法は、従来の水耕栽培では栄養分や酸素が含まれた水中に根があるため、監視や制御が困難であることを改善しています。

気候変動や集約農業によって耕作可能な土壌が急速に失われている現在、世界人口の増加に対応するためには、土を使わない農業が鍵を握っていると考えられています。毎年、表土の1%が侵食によって失われていると言われていますが、これは主に農業が原因です1。国連によると、現在のレベルの侵食が続けば、60年以内に世界の表土が枯渇すると言われています。



「farm-scraper」で育つ植物は、超高層ビルのエコロジカル・フットプリントに貢献し、より環境に優しいビルのための新しい青写真を提供してくれるかもしれません。建築物は、その建設と運営を通じて、世界のエネルギー使用量の36%を占めていることから、気候変動との戦いにおいてこれは重大な点です。また、エネルギー関連の二酸化炭素排出量の約40%を占める要因でもあります。

都市部の超高層タワーを抑制する問題として、太陽の遮光があります。

「高い建物や超高層ビルの場合、日除けが必要です」とラッティ氏は指摘します。

都市部では、太陽の光がガラスで覆われた高層ビルの外壁に反射することがよくあります。これはオーバーヒートの原因となり、エネルギーを大量に消費する空調の使用を余儀なくされます。また、(ビル内部では)台数が増すコンピュータのスクリーンに映り込みが生じると、ビルの利用者に不快感を与える場合があります。

一方、「farm-scraper」では、植物は自らの成長のために太陽光を吸収すると同時に、同じ建物内で人が集まるオフィスやショップに日陰を提供します。

大規模になると、このようなデザインは大きな違いをもたらします。調査によると、都市の気温上昇は、アスファルトやコンクリートなどの熱をため込む舗装材の普及や、植物の不足によってもたらされます。そしてそれは巡り巡って、疾病率や死亡率の上昇へとつながります2

農園が吸収してくれるのは太陽光だけではありません。よって、空気中のCO2濃度を下げ、気候変動の影響を軽減するには、植林(緑を増やすこと)が重要です。

「1年で約4万人分の食料と約2万kgのCO2を吸収することができます」とラッティ氏は言います。「これは皆がWin-Win(ウィンウィン)になれるものなのです。」

 

[1] "Dirt: The Erosion of Civilizations", D. R. Montgomery, 2012

[2] "Global urban population exposure to extreme heat", C. Tuholske et al, 2021





対談者|カルロ・ラッティ

建築家、兼エンジニア。自身が指揮するSenseable City Labがあるマサチューセッツ工科大学(MIT)にて教鞭をとる。国際的なデザイン&イノベーションオフィスであるCarlo Ratti Associatiの共同創立者。

トリノ工科大学とパリの理工系グラン・ゼコール(高等専門教育機関)である国立土木学校を卒業後、英国ケンブリッジ大学で修士号と博士号を取得。この10年間は「スマートシティ」をテーマに世界各地で講演を行い、作品はヴェネチア・ビエンナーレ、ニューヨーク近代美術館(MOMA)、ロンドン科学博物館、バルセロナ・デザイン・ミュージアムなどに展示された。Digital Water Pavilion(デジタル・ウォーター・パビリオン)とCopenhagen Wheel(コペンハーゲン・ホイール)の2つのプロジェクトは、『TIME』誌の「Best Inventions of the Year(各年の最も優れた発明品)」に選出。また、『BLUEPRINT』誌の「25 People who will Change the World of Design(デザインの世界を変える25人)」や、『WIRED』誌の「Smart List: 50 people who will change the world(スマートリスト:世界を変える50人)」にも選ばれた。2015年のミラノ万博ではFuture Food Districtのキュレーターを務め、現在は世界経済フォーラムのGlobal Future Council on Cities and Urbanizationの共同議長を務める。




本ページは2021年11月にピクテ・アセット・マネジメントが作成した記事をピクテ・ジャパン株式会社が翻訳・編集したものです。




関連する投資テーマ



もっと知りたいメガトレンド|最新の記事


私たちの環境フットプリントの真の姿を解き明かす

食物アレルギー:新たなエピデミック(疫病)との闘い




●当資料はピクテ・グループの海外拠点からの情報提供に基づき、ピクテ・ジャパン株式会社が翻訳・編集し、作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら