機関投資家のみなさま専用ログイン

ピクテ短期新興国社債戦略

運用の特徴

新興国各地域の分析に対する豊富な知識、経験に裏付けられる徹底したボトムアップのクレジットリサーチによる銘柄選択を中心に、トップダウンの融合による相互補完を行うことに加え、ポートフォリオのデュレーションを3年未満とすることで金利リスクを抑制した新興国社債運用です。

運用目標

ボラティリティを抑制しながら安定したインカムゲインの獲得を目指します。

運用アプローチ

それぞれの地域における知識・経験が豊富なクレジットアナリストが、ファンダメンタルズの強さ、バリュエーションの魅力度、テクニカルの堅固さの観点から、各発行体の詳細な分析を実施し、銘柄選定を行います。
マクロ経済環境、市場動向、国別、セクター別レビューを含むグローバルなトップダウン分析を行い、ポートフォリオ・マネジャーが最終的なポートフォリオの調整を行います。
短期新興国社債戦略では特にポートフォリオのデュレーションを短期化することで金利リスクを抑制し、安定したインカムゲインの獲得とダウンサイドリスクの最小化を目指します。

ページの先頭へ戻る