機関投資家のみなさま専用ログイン

ピクテ欧州株式ロング・ショート

運用の特徴

グローバル経済の一体化が進展した昨今においても、投資機会は地域やセクター、運用戦略によって偏在しています。不透明感を拭い切れないグローバル金融市場において収益機会を追求するには、特定地域を対象に数多くの市場サイクルを経験した熟練のスキルを有し、ダウンサイド・プロテクションを備える運用戦略が有効であると考えます。当運用戦略では、長年に亘る経験に基づく個別銘柄の選別能力に基づき、企業の付加価値能力に影響を与える社会構造の変化を特定し、企業がライフサイクルの中で投下資本をいかに効率的に活用し利益率の最大化を達成しているかについて、欧州企業を対象に詳細な分析を施します。更にデリバティブを活用し、短期的なベータリスクの高まりによるダウンサイド・リスクに対するプロテクション策を施すことで、運用者が本来注力すべき個別企業の解析に注力できる運用環境が構築されています。 (EuroHedge 2012 Awards)

運用目標

リスク調整後リターンの最大化を目指し、デリバティブを用いたダウンサイド・プロテクションを行います。

運用アプローチ

ポートフォリオの構築に当たっては、グロス・ポジションで150%~200%、ネット・ポジションで30%~70%を目安としロング・バイアスを持つポートフォリオを構築します。相場環境の変化に対して機動的にベータ・リスクをコントロールするため、ETFを活用したセクター・アロケーションやプット・オプションを利用したリスク・ヘッジなどを駆使します。

ページの先頭へ戻る