欧州投資適格社債運用 | ピクテ投信投資顧問株式会社

欧州投資適格社債運用

運用の特徴

欧州クレジット市場のモメンタム及びファンダメンタルズの双方を重視し、長期的なトレンドを把握すると共に、適正価格からの短期的な乖離を捉え、魅力度の高い欧州の投資適格社債に投資します。また、専任のクレジット・アナリストの能力をフルに活用しクレジットの深遠な分析を行います。

運用目標

バークレイズ・ユーロ総合社債指数に対して中長期的に超過収益を実現することを目指します。

運用アプローチ

ポートフォリオの構築に当たってはクレジット市場に影響を与えるマクロ経済要因や国別、セクター別のベータなど様々なベータの源泉を分析するためのトップダウン分析と個別銘柄のファンダメンタル・バリュエーションとマーケットバリュエーションの一時的な乖離を分析するためのボトムアップ分析を組み合わせたアプローチを行います。市場のリスクはシステミックな性格が強まる時期と個別的なリスクが強まる時期が交互に生じるので、トップダウン分析とボトムアップ分析をダイナミックに組み合わせて運用を行います。

ページの先頭へ戻る