グローバル株式運用 | ピクテ投信投資顧問株式会社

グローバル株式運用

運用の特徴

相対的に高い利益成長を継続することを可能にする豊富な資金力、優れた開発力、価格競争力、ブランド力、マーケティング力の5つ全てを持ち合わせた、高い競争優位性を持つグローバル優良企業に長期投資することにより、市場平均を上回る収益を獲得することができると考えています。時価総額基準のベンチマークを意識することなく、均等配分を基本に企業のファンダメンタルズによりポートフォリオ構築を行い、株価上昇要因やテーマが分散された確信度の高い銘柄からなるポートフォリオを構築します。

運用目標

新興国を含めグローバルでの経済成長の恩恵を受ける銘柄の長期的な株価上昇による収益を追求します。長期的にMSCIオール・カントリー・ワールド(除く日本)に対して2-5%のトラッキング・エラーのもと3%超の超過収益率を目標にしています。

運用アプローチ

グローバル市場で高い競争優位性を持ち堅固な事業基盤と継続的な内部成長が可能な企業に投資するファンダメンタルズ分析に基づいたボトムアップ運用です。ブランド(業界内での地位)、ビジネス・フランチャイズの防御力、業績成長の継続性、バリュエーションに着目し、株価の上昇要因やテーマが分散された、60-80銘柄の確信度の高い銘柄からなるポートフォリオを構築します。また一貫した投資スタイルのもと長期投資を基本とし、20-40%程度の回転率となっています。

ページの先頭へ戻る