機関投資家のみなさま専用ログイン

日本株オポチュニティーズ運用

運用の特徴

経験豊富なロンドンと東京の運用チームのメンバーが、成長性と利益率に着目した独自の2種類のスクリーニングを活用し、経験と知識に基づき重点調査銘柄をピックアップして調査分析を行います。ロンドンではグローバルな視点から、東京ではローカルな取材活動に基づいた調査分析が行われます。投資アイディア発掘のために、2つの異なる基準によるスクリーニングを活用することにより、ポートフォリオは複数の視点から評価されたボトムアップのリサーチに基づいた銘柄から構成されることになります。景気循環や株式市場のサイクルのさまざまな局面で超過収益を獲得する可能性を高めています。また、収益機会を拡大するために、相対的に割高・割安の観点によるペア・トレードを行います。ポートフォリオのネット・エクスポージャーは常に100%程度を維持することを目指します。(ロング・ショートを含まない、ロングオンリー運用についてもご相談ください。)

運用目標

企業の成長性や収益性の観点から割安な銘柄へ投資し、TOPIX(配当込み)に対して、3-8%のトラッキング・エラーのもとで、4%超の超過収益を獲得することを目指しています。

運用アプローチ

個別銘柄選択を超過収益の源泉とし、独自の2種類のスクリーニングを活用し、ロンドンと東京からグローバルな視点とローカルな取材活動に基づき、企業の成長性や収益性の観点から割安な銘柄を厳選するボトムアップのGARP運用を行っています。ファンダメンタルズ・リサーチを通じて長期的な成長性が現状の株価に織り込まれていない銘柄を発掘して投資します。また、成長性が乏しく株価が割高な銘柄のショートによるロング・ショート戦略を組み合わせることでリターンの向上を図るとともに、安定的に超過収益を確保することを目指しています。

ページの先頭へ戻る