日本株コア戦略 | ピクテ投信投資顧問株式会社

日本株コア戦略

運用の特徴

世界または国内市場において売上高トップシェアの製品・サービスを有する企業で、そのブランド力、技術力、商品・サービス開発力、マーケティング力などを背景に相対的に高い競争優位性を有する企業の株式に投資します。日本株の運用チームがロンドンと東京からグローバルな視点とローカル・ベースの調査に基づき銘柄を厳選し、ボラティリティーを抑え、均等配分を基本に確信度の高い30-60銘柄に長期投資していきます。

運用目標

一貫したスタイルのもと、リスクを抑えて市場(TOPIX)をアウトパフォームすることを目指します。想定トラッキング・エラー(対TOPIX)=2-5%のもと3%超の超過収益の獲得を目標とします。

運用アプローチ

高い競争優位性を有する企業を投資対象とし、時価総額基準のベンチマークを意識することなく均等配分を基準に銘柄を厳選しポートフォリオを構築することにしています。株価の予想よりも長期的な企業業績の見通しを重視し、長期投資を基本に売買回転率を抑え取引コストを低減しています。通常の場合の回転率は10-30%(年率)、平均保有期間は5年程度となります。また、長期的な観点からトップ・マネジメントと経営戦略についての対話を重視しています。ロンドンでは比較的容易に投資対象企業のトップ・マネジメントと面談が可能です。低い負債比率、グローバル展開(海外売上高比率が高い)、高い収益の安定性が特徴の一貫したスタイルとなっています。

ページの先頭へ戻る