機関投資家のみなさま専用ログイン

ピクテ・アジア株式運用

運用の特徴

アジアはグローバルで最も成長性が高く、イノベーティブな地域のひとつと考えています。長期的な構造変化とシクリカルな景気拡大の強力な組み合わせが期待でき、多くの魅力的な銘柄が存在します。当市場の非効率性は、市場参加者が一般的に、長期的よりも短期的な視点を重視し、またキャッシュ(恣意的な操作不能)よりも収益(恣意的操作可能)を重視する傾向にあることから生じていと考えています。一方で当市場は魅力的なファンダメンタルズを背景に、幅広いセクターに投資機会があると考えられます。構造的に高い経済成長が見込まれるだけでなく、インフラ投資やデジタル事業などの拡大も期待されます。

当戦略は、キャッシュ・フローを重視した分析により、市場平均に比べより高い利益成長性及び収益性をもつ一方でより低いバリュエーションという特性を持つ約50-70銘柄のポートフォリオとなります。

運用目標

キャッシュ・フローを重視した分析により中長期的なファンダメンタル分析に基づくボトムアップの運用により、超過収益の獲得を目指します。

参考指数:MSCI AC Asia ex-Japan
超過収益目標:3%(年率)
想定トラッキング・エラー:3%-6%

運用アプローチ

投資機会を捉えるために、主に以下の2点に着目した銘柄選択を行います。(1)構造的成長企業:市場平均以上の成長率/リターン(投下資本利益率)の持続可能な企業、(2)現在はリターン(投下資本利益率)が低迷しているが、将来の反転(インフレクション)を示唆している企業。これらの特性をもつ企業で、かつキャッシュ・フローを重視した分析で投資対象を絞り込み、市場平均に比べより高い利益成長性及び収益性をもつ一方でより低いバリュエーションという特性を持つ約50-70銘柄のポートフォリオとなります。
銘柄選択にあたってはESG評価を取り入れています。

ページの先頭へ戻る