ピクテグループ | ピクテ投信投資顧問株式会社

ピクテグループ

海外ネットワーク

世界27都市に拠点

世界27都市に拠点

ピクテグループ世界の拠点と連絡先(英語)

世界の拠点一覧

Worldwide Presence /

ピクテグループ 本店所在地

Route des Acacias 60 CH-1211 Geneva 73
Tel.+41 58 323 23 23  Fax +41 58 323 23 24








ピクテ・グループ210年の歴史



ピクテのご紹介〜210年の歴史(動画)





1805-1841

1805年7月23日、2人の20代の若き銀行家、ジャコブ・ミッシェル・フランソワ・ド・カンドル(Jacob-Michel-François de Candolle)と、ジャック・アンリ・マレ(Jacques-Henry Mallet)は、他3人のリミテッド・パートナーと共に、ジュネーブにてパートナー契約に調印しました。このパートナー制の会社は幾度かの社名変更を経て、現在に至ります。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(136.1MB)



1841-1878

1841年、ピクテ家の一族が初めて銀行の経営に加わり、その時から銀行に「ピクテ(Pictet)」という名が付き現在に至ります。ジャコブ・ミッシェル・フランソワ・ド・カンドルには後継ぎとなる息子がいなかったため、亡くなる少し前に妻の甥であるエドゥアール・ピクテ(1813-1878)に跡継ぎを頼み、エドゥアール・ピクテは1841年にパートナーとなります。銀行の名はテュレッティーニ、ピクテ・アンド・シーとなり、その名は1848年まで続くことになります。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(269.7MB)



1878-1909

銀行の創設者の一人であるジャコブ・ミッシェル・フランソワ・ド・カンドルの孫息子、エルネスト・ピクテ(1829-1909)は53年以上に渡りそのパートナーを務めました職務を遂行しています。 エルネスト・ピクテは鋭いビジネス感覚の持ち主で銀行に新しい風を吹き込みました。彼はアングロ・サクソン流リベラリズムの熱心な提唱者であり、この経済原理をもって銀行の新しい事業を推進していきます。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(137.1MB)



1909-1939

エルネスト・ピクテの次男であるギヨーム・ピクテ(1860-1926)は1889年、29歳で父親のもとでピクテのパートナーとなります。ピクテはおよそ60人の従業員を抱え、当時としては規模の大きなプライベート・バンクに成長しています。ギヨーム・ピクテは著しく進展する産業高度化時代の中で事業を大きく発展させました。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(265.9MB)



1939-1950

第二次世界大戦の被害から立ち直るため、ピクテは業務を多様化し、不動産や商品への投資を開始、1950年以降には資産運用が復活の兆しをみせ始めます。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(129.1MB)



1950-1980

20世紀後半、スイスはバンキング・センターとして大いなる発展を見せましたが、特にプライベート・バンカーは目覚しい発展を遂げます。専門的職業としてのプライベート・バンキングは、金融技術と事務処理プロセスの両方の観点で、より国際的で洗練されたものとなり多様性を見せ始めます。とりわけ法律の一層の複雑化にも関わらず、プライベート・バンクは発展し続けました。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(227.6MB)



1980-2005

1980年から2005年の間、ピクテは高まり続ける個人投資家および機関投資家からの要望に常に応えてきました。市場と顧客のグローバル化を背景に、ピクテは、資産残高とともに増加する顧客へのサービスの提供のみにとどまらず、新しい投資手法や最新の運用技術を考え出してきました。グローバルな視点による資産保全へのアプローチをさらに発展させることが求められていたのです。 ピクテの事業はスイス国内外で拡大、それに伴い運用管理や本部機能も拡大していきました。社員数は増加し、1980年に300名に満たなかった社員数は2005年には2000名を超えました。 2世紀に渡って高い信用力と堅実性を確かなものとする精神と伝統を維持し、顧客や市場からの要望を予期し、難題を乗り越え、ピクテは国際水準のプライベート・バンクとなりました。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(99.1MB)



2005-2018

2005年以降、ピクテでは経営権と経営体制において重要な変更が2度ありました。2006年、ピクテでは初めてシニア・エグゼクティブに対し株主となるチャンスを与え、2017年末には6名のマネージング・パートナーを含む49名の株主が誕生しました。 さらに重要なのは、2014年1月にピクテのスイスの銀行の法的形態を変更したことです。200年以上に渡り、パートナーシップ制をとってきたピクテ・アンド・シー(Pictet & Cie)は、バンク・ピクテ・アンド・シー・エス・エイ(Banque Pictet & Cie SA)として有限責任会社になりました。株式合資会社Pictet & Cie Group SCAが確立され、全てのピクテ・グループ会社が一つになりました。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(271.6MB)



ピクテグループ200年の歴史

すべて見る

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(14.7MB)



ピクテのご紹介〜210年の歴史(動画)







シャルル・ピクテ・ド・ロシュモン


ジュネーブがスイスの州になるとき
ピクテ家の1人、シャルル・ピクテ・ド・ロシュモンは、ピクテ銀行の経営に直接関わることはありませんでしたが、ジュネーブという都市、そしてスイスの中立性をヨーロッパの大国に承認させた人物として語り継がれています。

詳細は、PDFファイルをご覧ください。(2.04MB)

 

ページの先頭へ戻る