ピクテについて | ピクテ投信投資顧問株式会社

Pictet Wealth Management

ピクテについて

About Pictetピクテについて


200年の実績

ピクテの歴史は10世紀初頭から続くピクテ家を中心に、スイス・ジュネーブで生まれたプライベートバンクに始まります。
1805年に設立されたピクテは、フランス革命以降の欧州動乱の中、王侯貴族の資産保全に努めてまいりました。以来210余年、欧州の富裕層をはじめ世界各国のお客様に資産運用・管理サービスを提供し、今日に至ります。

この210余年、ピクテの使命は変わりません。お客様のご資産をお守りし、それを次の世代に引き継ぐ、ということです。

設立1805年

安定した経営

パートナー制による経営を採用、株式は公開していません。そのため、外部の株主や債権者からの圧力を受けることはなく、独自の事業戦略を構築、継続することが可能です。

財務の安定性・独立性により他者に左右されず、厳格にリスク管理を行い、また短期的な利益を求めない姿勢を貫いています。

F1+ AA-

引き継がれる経営哲学

現在パートナーは6名おりますが、1805年設立以来210余年の歴史におけるパートナー総数はわずか41名であり、平均任期は21年と長期におよびます。

パートナーの任期が重複しているため、各パートナーの有する知識、経験、価値観などが途切れることなく次世代に引き継がれていきます。長期にわたりお客様のご資産を保全するために適した経営といえるのではないでしょうか。

(2017年12月末現在)上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

企業としての責任


Sustainabilityサステナビリティ
詳細はこちら

サステナビリティ(持続可能性) は、ピクテの経営理念の中核をなしています。 設立以来、 常にお客様の資産を長期的に保全することに努めてきたピクテは、 次世代の利益を第一として考えています。

Impactインパクト
詳細はこちら

チャリティ、アート、スポーツに関連した、日本社会がより豊かになっていくためにインパクトを与えるピクテの活動です。

Messageピクテ・バリュー宣言
詳細はこちら

ピクテは日本の投資家のみなさまに最善の投資サービスを提供する「Best Quality Investment House(最高品質の投資会社)」になることを目指しています。

Pictet Groupピクテ グループ
詳細はこちら

ピクテグループでは投資信託の設定・運用ビジネスだけでなく、創業時より続く個人富裕層との個別契約による資産管理運用ビジネス、グローバル・カストディビジネスを行っています。

;
ページの先頭へ戻る