〜遺伝子と未来、『人生100年時代』を可能にする最先端医療〜

本庶佑・京都大学特別教授のノーベル医学生理学賞受賞の決定を受け、「オプジーボ」をはじめとするバイオ医薬品に対する注目が高まっています。
近年バイオテクノロジーによる創薬が急激に進化している背景には、遺伝子(ゲノム)解析のコスト削減・短期化、ITおよびAI(人工知能)技術の進化に伴うデータ分析能力などの向上、遺伝子(ゲノム)編集技術の進化などがあります。

第1部では、脳研究の第一人者である東京大学・池谷教授をお招きして、「遺伝子と未来」をテーマにご講演いただきます。今回の講演がDNA検査がもたらす意味について考える貴重な機会となれば幸いです。

第2部では弊社投資戦略部長より、バイオテクノロジーを活用した最先端医療技術と関連企業への投資の魅力をご紹介します。

Bio Summit 2018

Overview

  • 日程
    2018.11.22(木)
    19:00〜20:30 (開場:18:30)
  • 会場
    コンファレンススクエア M+(エムプラス) グランド (東京/丸の内)
  • アクセス
    http://www.marunouchi-hc.jp/emplus/access.html
  • 参加費
    無料(事前申込制)
  • お申込方法
    下記ボタンのリンク先イベントページからお申込みください。
    ※ お申込みが定員を上回る場合は、先着順とさせていただきます。

第1部 19:00〜
特別講演「遺伝子と未来」

Bio Summit 2018

池谷 裕二
東京大学 薬学部教授

人は互いに99.9%相同な遺伝子を持っています。つまり人は遺伝子レベルではほぼ同じと捉えることもできますが、逆に、このごく一部の違いによって、「誰一人同じ人がいない」という個性が作り出されていると言うこともできます。近年では自分のDNAを調べ、自分自身で知っておこうという方向に世界が動いています。将来の病気のリスクを正確に評価しようという狙いです。こうした観点では、病気を治療する時代は徐々に過去のものとなり、今後は先手を打つ時代、つまり予防医療や未病といったワードが鍵を握ります。しかしDNA検査には、少なくとも現状では、いくつかの社会的な問題があります。今回の講演ではDNA検査がもたらす意味について考えてみたいと思います。

第2部 19:50〜
「『人生100年時代』を可能にする最先端医療」
〜最先端の創薬などバイオ関連企業の魅力〜

Bio Summit 2018

塚本 卓治
執行役員 運用・商品本部 投資戦略部長

「100年以上の人生を、最後まで健やかに過ごしたい」
そんな願いを叶えるかもしれないバイオテクノロジーを活用した最先端医療技術と関連企業への投資への魅力をご紹介します。

スペシャルレポート
『人生100年時代』を可能にする最先端医療

かつて100歳以上まで生きることは、とても珍しいことでした。しかし「人生100年時代」と言われる今、60歳以下の人の平均寿命*は100歳近く、または100歳以上となるとの試算もあります。

平均寿命の伸びの背景の1つとして、医療技術の進歩が挙げられます。最先端医療は、これまで治療が難しかった病気に対する新たな治療法の選択肢となることが期待されています。

*平均寿命は、ベストプラクティス平均寿命(毎年の世界で平均寿命が最も長い国)が過去200年間で10年ごとに2年程度伸びている傾向が今後も続くことを前提に、2017年時点の年齢で試算
出所:著:リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット/訳:池村千秋 「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」(東洋経済、2016年)のデータを使用してピクテ投信投資顧問作成

続きはこちらから

ページの先頭へ戻る